自分が悪いと思わされてきた、あなたへ・・・

過去のアメブロから・・・

 

いつもいつも、だれかから

「それは、あなたが○○だからいけなかったんでしょ?」

「それは、お前のせいやろ?」

「あやまりなさい」

そう言われてきたことはなかっただろうか・・・?

その場合、何かあるごとに

「こうなったのは私のせいね」

「私がいけなかったから、こうなったのね」

「私が謝ればことが治まるんだわ」

そう思う癖がついてしまいます。

そして社会に出て例えば「夏休み」「冬休み」などの長期休暇を取るときに

交代で休暇を取らなければいけなくて

でも、自分が取りたいと思っていた日に誰かが取りたいと訴えてきたら

自分が我慢すればいいんだと考え

譲ってしまうのです・・・


逆の場合もあるかもしれません。

いつもいつも自分が悪いと言われ続けた人は

「私は悪くない」

と強く反発し、誰かを常に「攻撃」する癖がつくかもしれません。

常に誰かのアラを探し、攻撃しないではいられない。

そういう癖がついている人もいるでしょう。

また、人と話をしていても

常に自分のことを悪く言われないか、責められないかと

内心ビクビク怯えなら相手と向き合ってしまう癖がついている人もいるでしょう。

こういう人は「会話」じたいが困難で、相手が何を話しているのか

理解することが難しかったりします。

必死に感情を抑えることにしか

気持ちが集中しないからです。

傷つかないように、もし傷ついていても

相手に気付かれないように・・・

そればかりに、気を取られてしまうからです。


まずは

「私は悪くない」

と言ってみましょう。

いつも自分が悪いと思わされ続けてきた人にとって

「貴方が悪い」

と言われることは「残酷なこと」なんです。

あなたは 悪くないし、今までも悪くはなかったんですよ・・・

あなたは 悪くない。

まず、そこから、

自分を許してあげるところから、

始めていきましょう(^O^)

 

ふじたカウンセリングfacebook