子どもの言う言葉には変化球が多いかも。

過去のアメブロから・・・

 

保育士をしていたころ、よく子どもたちに

「せんせいなんか、アッカンべ~~~~~っだ!!」

っと・・・言われました^^;

最初はショックで「私。。。きらわれてる???><」

っと思ったもんです・・・

ですが、これは後に「大好きだよ~」

っという気持ちの裏返しだと気づかされました・・・

子どもは時に、大人に信号を発信してくるときがあります。

それも、結構 難癖のある信号なので・・・

野球で言えば変化球ってところでしょうか・・・

なので、大人はそれをまともに受け止めて勝手に怒り、勝手に傷つくことがありますね・・・


先日もお教室にお迎えに来られたお母さんに幼稚園児の男の子が

「おかあさん、ば~か!!」っといってからかっていました^^

お母さんは「もう!!」っとちょっと怒り顔・・・

でもすぐに「ごめんなさい、ごめんなさい(メッチャ笑顔で^^)」っと笑いながら謝っている園児さん。

そして、どこかへいってしまいました^^

私が「お母さん大好きって言っておられるんですよ^^」

そう言うと、ッハ!とした顔で、「そうなんですか?^^」と・・・

とても嬉しそうなお顔でした。

子どもの表現には時には通訳がいるかも・・ですが

通訳なしでも理解してあげたいもんですね・・・

私たちも、もう忘れてしまっているかもしれませんが・・・

いえいえ忘れてるんじゃなく傷ついた時に、どこかの引き出しに仕舞い込んで、

そんな過去はなかったことにしているだけなんでしょうけれど。。。

あったよね、こんなこと・・・

無邪気に何も恐れずにぶつかっていけたこと。

チャレンジし続けたこと。

失敗を恐れずに、何でもできると思って挑めたこと。

感情を抑えないで言いたいことを、

自分の気持ちを言葉にできないときは

泣いて、怒って、表現できたこと。

楽しかったときには 思いっきり笑って転げまわったこと・・・

あったよね・・・

さぁ、その時の気持ちを思い出せたなら、笑顔になれるかも^^

「ああ、自分にも、そんな過去がちゃんと あったんだよね・・・・」

ありましたよね・・・



昨日は すどうゆうじさんのブログを紹介させていただいたのですが、

すどうさんを通じて繋がったカウンセラーさんがお二人おられます。

その方も昨日、私のブログを紹介してくださいました。

すどうさんもそうですが、このお二人の方も、とてもお忙しそうにしておられますが、

もしよろしければセッションを依頼されてはいかがでしょうか・・・


ヒーリングセラピスト☆アンさんです。

この方は今、無料でカウンセリングをされております。

人の心のつかえを、そっと優しく手放せるようにサポートしてくれる・・・

そんな方だと ふじたは感じながらいつもブログを読ませていただき、

勉強させていただいております。


魂のカウンセラー 三森真人さん

ご自身のことを綴りながら人の心について、とてもコアな部分に振れておられる感じがします。

読んでいて、心が震えると言いますか・・・

上手く表現できませんが、ふじたにはストレートに響く感じがあります。


皆さんがいいカウンセラーに出会い自分のためにセッションを使われますことを

願っております。

誰の為じゃなく、・・・そうです、”カウンセラーの為じゃなく・・・”

”カウンセラーに認められることを目的としない”

それは、

もしかしたら親からの(親以外の人からの・・・かもしれませんが)

認めを常に欲していたあなたが、

それをカウンセラーから受けることで嬉しくなり、

そしていつしかそこを目的とするようになり

本来のカウンセリングの目的から外れてしまってはいけませんね。

又、その相談者様のパターンを見透かして、カウンセラーが、そのパターンを利用してもいけませんよね。

必ず、誰かの為じゃなく 「ご自身から見た自分の為に」

これを軸にして あなたが良いセッションに出会えますように・・・。

 

ふじたカウンセリングfacebook