カウンセラーとの相性??

過去のアメブロから・・・

※ご本人様には掲載の許可を頂いております・・・

上から目線で決めつけてかかられた、その方はひどく傷ついておられました。

ちょっと発した一言から、全てを見透かしたかのように決めつけて物を言われてしまい・・・

お金を支払って相談しに行ったけれど、傷つきに行ったようなものだと、泣いておられました・・・

カウンセリングを受けたいと思っていた内容も話しきれないまま・・・

しかも終いには「こんままだと○○になりかねない。うちで継続してカウンセリング受けないと○○になるわよ」

っと言われ「カウンセリングを継続しなさい。」

っと脅迫のような発言と押し付け(押し売り?)をされ混乱し ふじたの所に来られました・・・

よくあきらめずに他のカウンセラーを探してくださいました・・・

っと感謝の気持ちで一杯になりました。

実際のやり取りを見たわけではないのですが、

「押し付け」も「邪」であり、「決めつけ」も「邪」です。

決めつけの多くは、

全てのことに対して型に入れ込んでパターン化し、分類して、それを押し付ける。

その人(カウンセラー)が今まで生きてきた経験をもとに分析し、パターン化するんです。

(カウンセリングを経験すればするほど、いくつかのパターンが見えはするんです。

ですが、それをクライアントさんに言うべきかどうか・・・

ふじたはあまり言わない人ですので・・・)

そして、それは時には「攻撃」にも変化します。


それは嫉妬から

それは妬みから

それは悔しさから

それは劣等感から

それは負けたくない思いから

それは相手に自分の方が勝っているとアピールしたい思いから

それは憎しみから

(本当は誰に対しての感情なんでしょうね・・・これって・・・)

色々な感情があるよね・・・

自分のことって、案外わかっていないものです。

押し付けや、決めつけは 知らず知らずのうちに相手にやってしまっているものですね。

ふじたも気を付けないとね。

この仕事をするからには、

カウンセラーがクライアントを傷つけるようなことはあってはならないし、

もし、傷つけるようなことがあったなら、それはサポートしているとは言えないから・・・


カウンセラーは基本的には傾聴の訓練は受けているものです。

ですが、何より一番大切なことは

自分のことについてどれだけセッションを受け、

それについて問題の解決や解放や手放すことができているか・・・

これに尽きると思います。

「カウンセリングの資格を取りました。」

はい、それでもうその瞬間からあなたは浄化された人間になり

素晴らしいカウンセラーになりましたとさ・・・

ってなわけがないんです。

その後、クライアントさんと向き合うたびに、自分のことについて、いかに

セッションが足りていないかと、思い知らされます。

どこかの幼稚園や小学校に呼ばれて講演をしてほしいと依頼され

素晴らしい講演を出来たとしても、・・・

実際、カウンセリングを受けてみたら、その講師自身のセッションが足りていなくて

知らず知らずのうちにクライアントさんを傷つけていること、あるかもしれない。

クライアントさんが話しきる前に さも すべてを把握し知り尽くしたように「決めつけ」

相手に「あなたは○○よ。だからこうなのよ。そういう人ってこうよね」

っと言い放つのはサポートではないです。

これは、そういうことを言ってしまっている側の問題です。

つまりカウンセラーがクライアントさんを見て自分の中に隠し持っている問題とリンクし

反応している状態ということです。

人間は完璧ではありません。

ですから問題を持っていてもいいのですが、

その問題を棚上げした状態で話を聴けていない。

っと言うことです。


もしかしたら、これが、カウンセラーとの相性・・・っということになるのかもしれません。

本来は相性なんてものは、ないはずなんですけれどもね・・・^^;

ふじたカウンセリングfacebook