体罰についてのアンケートが実施されました。

過去のアメブロから・・・3月3日より・・・

 

我が子の通う中学で体罰のアンケート調査が実施されました。

これが、ちょっと残念な内容で・・・子どもたちから聞いて、ただただ、がっかり・・・

・べっぴん娘が言うに・・・
まずアンケートやのに名前を書かなくてはいけない。しかも!!担任が見ないとは限らないのに大きな白い封筒に各クラスごとに入れて学校長に手渡すんやってぇ~~~(この時点ですでに かなりご立腹です・・・^^;)
体罰をされた時の詳しい場所や、日時とか聞かれても、名前を書いてるんじゃぁ~~素直に全部書けるわけがないやん!!。
最後の欄に「”体罰を受けたことがない”と答えた人は、このアンケートに対してどう思いますか?」っていうのを書くところがあって、もし素直に書いたとしても名前がバレてるし書きにくいやん!!

・イケメン息子が言うに・・・
例年似たようなこと、虐めに対する質問だの、アンケートだのって、毎年のように渡されるけど、そうやって毎年書かせておきながら、今回のような事件が起きてるんだから、いい加減、効果がないことに気づけよなぁ~~
毎回毎回 あの紙切れが来るたびに、「これ、あまり効果も意味もないですよねぇ。もっと他のことを考えたらどうですか?しかも名前を書かせるって何考えてるんですか?」って書いてるけど、全然反映されたためしがないんだよねぇ~~~。
上っ面では教育現場において虐めや体罰をなくす(爆)なんて言ってるけどさぁ~~ホント、形ばかりの大人たちだよねぇ~~

・・・・・だそうです。
これは私の子どもたちの意見であって、どの子たちも思っているかどうかは謎ですが・・・^^;
けれども、皆、言えるか言えないかだけで、似たり寄ったりの意見を持っているのではないでしょうか・・・

我が子たちから一つ教師になる人たちに向けて提案が出ました。

・べっぴん娘から・・・
教師になろうとしている人たちは、これからFAPやNLPの資格を取ってから、子どもたちと向き合ってほしいです。
それから、今の教師たちは今からでも、そういう資格を取って教師をやり直してほしい。
でも、もし、この資格を持って教師をしたとしてもそれを公表はしないでほしい。
子どもたちは、その時点で引くから。
カウンセラーと聞くだけで、探られる意識が働いてかえって心を閉じるから・・・

※補足・・・NLPもFAPも心理カウンセラーの資格であり、娘も興味を持っているものです。
蛙の子は蛙と言いますか。。。^^;

・イケメン息子から・・・
今現在教師をしている人たちに対しては長年のプライドもあるだろうし、ポリシーもあるだろうから、そこに新しい知識や取り組みを始めることは難しいと思う。
でも、これから教師をやろうとしている人たちには、まず自分の問題と取り組んでから(過去の自分と)教師をして欲しいと思う。なぜなら、その自分の問題を先送りしてしまうと、先で何らかの形で生徒と自分の過去が重なってリンクし、理性的に対処できなくなってしまうから。

(彼もまた、私を見て感じていることのようです。^^;)

つまり、「どの大人も先ず先に自分の問題と取り組んでくれ」と、二人とも言っているんですね。

今回は我が子の言葉に終始してしまいました。

このまま掲載するか否か、かなり悩んでの投稿です。

なぜなら、私の生涯目標が子どもたちのサポートであり、そのサポート者が

我が子の言葉をそのまま掲載する事はどうなんか?

そこに引っ掛かったからです。

けれど、今回、子どもたちの方から

「ブログに載せてもいい。むしろ載せて!!」

という依頼もあり、掲載することに致しました。

子どもたちの想い・・・少しでも届くといいな・・・

 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^