親は、「我が子の人生を全て引き受けることはできません。」

過去のアメブロから・・・3月23日投稿より・・・

 

時々相談者様にもお伝えすることですが・・・

親は、「我が子の人生を全て引き受けることはできません。」

ですから、受け入れがたい事実ですが、多分、順番的には

親が先に我が子より死ぬことになりますね。

さて、自分が先に死ぬ時が来たとき、あなたは我が子の 

この先の人生を思って不安になり、未練を残して死にたいですか?

それとも、そんな心配もせずに、この世に何も思い残すこともなく、

安心して死にたいですか?

私?

言うまでもなく、「後者」ですね。


あなたも、多分、恐らく、同じではないでしょうか・・・?

では、子どもたちに自立してもらえるようにするには、どうしたらいいのでしょう・・・

よく言われるのが

自分で考え、自分で判断し、自分で決断すること。

これが出来るように・・・と。

では、これが出来るようにするためには、何を具体的に・・・?

まずは我が子を信頼してあげてください。

”何も自分一人ではできない” を前提に持ってきて

決めつけないで上げてください。

彼らはちゃんと色々考えてます。

失敗も許してあげてください。

失敗のない人生なんて面白くもなければ成長もないじゃないですか・・・

失敗してナンボですやん。

その経験が 子どもたちを成長させてくれるんですから・・・


それから、何より、

あなた自身を あなたが信頼してあげてください。

あなたは 素晴らしいお子さんを生んだのです。

あなたでないと、できないことです。

あなただから できたことです。


なにより、あなた自身を信頼してあげてくださいね・・・

そうしたら、あなたは 我が子を信頼でき、


我が子の人生を全て引き受けなくてもいいことが・・・

わかるかもしれません・・・


あなたは 十分、いい親です^^

 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^