子どもとの信頼関係を築くには「遊び」が必須です。

アメブロ過去記事 4月22日投稿より・・・

 

昨日は久しぶりに、のんびりできました。

いつも睡眠時間がここ最近では

3時間から4時間だったのですが、

7時間も眠り、更に午後から2時間お昼寝~~~

こんなに眠れたのは何か月ぶりだろう・・・

これには理由があって、昨日は べっぴん娘が

私のパソコンを二日連ちゃんでパソコンジャックしたため、

仕事が出来なかったんですね・・・


べっぴん娘はパソコンを使ってマウスでイラストを描いておりました。

これは実は ふじた家でいう ゴールデンタイムであります^^

子どもたちが幼いころから、行っているのですが、

日常はなかなか子どもと向き合う時間が無くても

必ず一週間に一回とか二回、お約束の日を決めて

子どもと向き合う時間を作ります。

その時間内は電話に出ませんし、

チャイムが鳴っても応対しません。

子どもに注目し、
子どものやりたいことに親は付き合います。

ゲームであればゲームを
ママごとであれば ママごとを、
カード遊びであればカード遊びです。

ゴールデンタイムですから、

必ず子どもが気持ちよくなることが目的ですので、

親が勝ったりしないことです。

ここ最近はそれでも少なくなりましたが、
時々やってます^^

で、今回はべっぴん娘はパソコンジャックして

好きな絵を描かせてくれ・・だったのです。

”描いたら見てね。”

これが今回の彼女のゴールデンタイム・・・

なので私は文句ひとつ言わずに、

ただジィ~~~ット待っておりました。

で、出来たのをfacebookで投稿させていただき

今回のゴールデンタイムは終了です。


子どもと向き合う、子どもをサポートする。

この一番の近道は「遊び」だと ふじたは考えております。

十分注目しながら、遊ぶこと。

定期的に一週間に一回とか、一か月に二回とかでもいいのです。

その積み重ねが大事だと思うのです。

ちなみに ふじたの最近のお気に入りは、
「オーカード」です。

これは遊びでも使えるし、
カウンセリングでも使用するときがあります。

このカードに出会った切っ掛けは

以前にも紹介させて頂きましたが奈良県内に住む

中尾さんが切っ掛けです。

中尾さんがHPで

お話しするのが苦手な方でもこのカードを使って
カウンセリングをされている

と知り、興味本意で 
ふじたも購入したのが切っ掛けでした。

中尾さんありがとうございます^^

このカードは先日カウンセリング仲間が

ふじた家に遊びに来た時にも使いましたが

結構楽しく使えましたよ^^

文字のカードと絵のカードを組み合わせて使ったり、

絵だけをランダムに引き抜いて物語を作ってみたり…

この遊びを べっぴん娘と時々やります^^

奇想天外なお話が出来上がっては

お腹を抱えて二人で笑ったりします^^

イケメン息子はどっちかというと
眺めてるほうですかね・・・
時々口挟みますけど・・・

小学生あたりからであれば
十分楽しめるんじゃないかしら・・・

同じカードを使って、同じ空間で、同じ時間を楽しむ。

カードにこだわらなくても、

子どもが遊びたいことを聞いて、

親と一緒に遊ぶゴールデンタイム。

子どもをサポートするには 信頼関係が必須です。

その近道が ふじたは 遊び だと考えています。

何かの参考になれば幸いです・・・

※子どもと遊ぶことで親の方は色々
感じることが出てきます。

このあたりについては明日また投稿できたらいいなぁ・・・

と考えております^^