親子がぶつかるのは「才能」のぶつかり合いから・・・かもしれません・・・

アメブロ過去記事4月26日投稿より…

 

能・・・デジタル大辞典によると・・・

物事巧みになしうる生まれつきの能力才知働き

だそうです。

いきなり才能の意味をトップに出して
何事かと思われたかも・・・
ですが・・・^^

ふじたは ある方に私のマイナス部分について皆のいる前で
ケチョンケチョンに言われたことがあります。

それも今年になってから。

ですが、その部分について ふじたのトレーナーは

「それは あなたの才能だから^^」・・・

と言ってくれました。

「いやいや、この部分については
酷く言われたんだ・・・」

と言ったのですが、

「ううん、才能だよ!^^」

と言い切ってくれたんですね。

そもそも、長所 短所 ってなんでしょう???

両方ともそれぞれの裏返しであり、見る人によっては
長所にもなるし、短所にもなるわけで・・・

あ、話がそれたので、軌道修正します。


今日は親子がぶつかるのは、

”才能(あえて、ここで才能を使います)のぶつかり合い”

なんだな・・・・ってことを感じたので、そこについて・・・


ふじたもイケメン息子としょっちゅうぶつかり合います。

彼は最近では それを楽しんでいるようにさえ見えますが・・・^^;

ぶつかり合うときって、
主導権を争っていたり、(自分が優位だ!!とね^^)
相手を自分の思う通りにしようとしたり、
考えの違いやらなんやらで、ぶつかるんですよね。

親側は今までの経験から我が子が失敗する前に
自分の経験を押し付けようとする。

子ども側は怖いもの知らずで
”自分でやってみたい。
”いちいち言われたくない・・・”

ってところから ぶつかり合う・・・

そこに感情が入るとケンカになるんです。

感情が入る=相手を批判する

ってことになるからなんでしょうね・・・

親は我が子を信頼したいと思ってるんだけど、
その信頼を見事に裏切られたと感じたことで腹を立て
「復讐」に燃える・・・みたいな^^;

そして、そこでぶつかるとき
子どもの方もいつまでも
言うこと聞いてくれていた幼い頃とは違って
反抗する力(才能)を
発揮しだすでしょう?

そしたら、それは親からすれば
「恐れ」や「嫉妬」を我が子から感じるんですね。

(あ~願わくばイケメン息子がこのブログを読まないで
いてくれることを願います~~~(;^_^A
まぁ、彼は見ていないようですが・・・^^;)

その「恐れ」や「嫉妬」を見せないようにするために
我が子にジャッジをおろし批判しまくる~~~

あ~~負の連鎖~~~

ここで、ますます距離が出るばかり・・・

昨日のブログでは「自分を許す」「相手も許せる」
ってことについて書いたのですが・・・

それってなかなか難しですよね・・・


ぶつかって相手に批判されたことで
相手の傷を擦り付けられ、
そして相手の傷を引き継がされたことで、
恐怖や罪悪感を感じ、
それを隠すために怒りを前面に出す。

ここが上手く回れば傷を持たされずに済むんだろうなぁ・・・
って思ったんです。

ならば、どうしたらえか・・・

相手にちゃんと自分の感情を伝えることではないか・・・

その時に、相手に感情を”ぶつける”のじゃなく、
「自分は今、○○に感じたんだ」っていう言い方に変えてみる・・・
とか?

ぶつけないで、伝える言い方に変える。

それを互いがやることで、
今現在の相手に怒りを感じていたのではなく
別の所から来たものだということが
分かってくるかもしれませんね・・・

この時、互いが相手を理解しようとする姿勢も
大事かもしれません・・・
少なくとも、親側は。。。ですね。

う~~~~ブログでは言葉が上手く使えない~~~

伝わったのだろうか・・・

ちょっと心配ですが・・・^^;

何かの参考になれば幸いです・・・^^