facebookのトップのお父さんが伝えた言葉

アメブロ過去記事5月17日投稿より・・・

 

5月14日、夜。
偶然テレビで見つけたそのお話は、
高収入の子どもをどう育てたか…という内容だったと思います。

(どこのテレビ局で何というテレビ番組だったかは
普段テレビを観ないので記憶にありません・・・)

ふじたが偶然見た場面が
facebookを作った彼と、その父親についてでした。

見られた方もおられるでしょうが、
そうでない方のために軽く紹介^^

先見の目があったfacebookを作った彼
マーク・ザッカ―・バーグの父親はパソコンを手に入れ、
マークにパソコンの家庭教師を付けます。

頭のよい彼はすらすらと覚え父親の仕事で役立つソフトを
10代の若さで作ります。

高校へ進学しますが、頭のいいマークは
学校生活に物足りなさを感じていたため
「勉強がつまらない。」
そう言うと父親は
「学校は勉強をするところではない。
”人と人とが繋がるところだ”」・・・と伝えます。

結局彼は高校を転校し、そこで、
「シナプス」というソフトを作ります。

これは音楽を取り込み、そうすることで
ユーザー好みの音楽を教えてくれるといもの…
(だったと思います^^;)

このシナプスに目を付けたのが
マイクロソフト社の ビル・ゲイツ。
マークに一億円で売ってくれと申し出ますが、
マークは断ります。

「僕はお金のために作ったんじゃない。
人の役にたつソフトを作りたかっただけだ」
と言って断ったのです。

大学はハーバード大学へ行き、便利ソフトを色々作り、
最後にfacebookを作りました。

最初は大学内だけだったのを外部の大学も許可をし、
今では世界中です。

彼のお父さんが言った言葉、
「人と人とが繋がるために学校はあるんだ」ということ。

これは ふじたがいつも言っていることですね。

私たちは
愛し愛され手と手を取り合うために生まれてきました。

それは「人と人とが繋がること」

マークは父親の教えを覚えていたんですね。

「人と人とが繋がるために学校はあるんだ」

大事なことですね^^

ちょっと日常ふじたのブログで言い続けてることと
リンクしたのでシェアしてみました。

今日も無事に一日を迎えることが出来たことに感謝!!

本日のアメブロ記事・・・