教育実習生が抱える孤独と子どもの孤独はリンクする?^^;

アメブロ過去記事6月1日投稿記事より・・・

 

ふじたのべっぴん娘の通う学校に、(中学二年)
教育実習生が来ています^^

懐かしい響きです^^

若い頃、保育士と幼稚園教諭の資格と免許をもらうために、
ふじたも実習行きましたから・・・

今思えば。。。のお話ですけど、あの時、
たくさん色々感じていたなぁ・・・です。

あの瞬間瞬間はもう必死だったので、
自分の心が感じていることなんかに構っちゃいられず、
とにかく今日一日のカリキュラムをどうこなすか・・・
それだけだったように記憶しております・・・

べっぴん娘が言うに・・・

今日、実習生は授業をしたそうです。

(ってことは実習終盤ですね^^)

「先生、もぉ~ボロボロやったわ・・・」・・・と。

ボロボロ?。。。とは???

つまり実習生にとって私たちは「親」みたいなもんだと。

だから先生は何も強くは言えない。

担任みたいな口のきき方も出来ない。

だから、ボロボロ・・・

一応、クラスメートの中から”「実習生」なんだから、
静かにしようぜ~~”っという空気が事前にあったそうです。

あまり困らせるようなことはしないでおいてやろう…
みたいなね^^;

それって「上から目線じゃん」

けど、「思いやり」でもあったそうで・・・

ただ、先生がメンタル的にボロボロだったというんですね。

「教科担任は今までの経験もあるから強く言えることもあるけど、
実習生はさぁ、そんなのないから言えないじゃん?
私ら生徒は今まで色んな先生を見てきてる事実があるじゃん。
だからこそ、実習生は自分の授業で
先生からも、生徒からも評価される立場にあって、
それだけでもう、プレッシャーじゃん。
なんだか見てて気の毒になってきた・・・」

それは娘から言わせれば、多分、
自分のことでもあるかもしれません。

その実習生を見て、母親と自分を重ね、
何かをやるときに経験値の高い人の前で

「考え」
「行動する事」や
「決断する事」は
容易なことではありません。

だからこそ、完全な味方になることは出来ないんですね。。。

それはイケメン息子からも何度となく言われてきたことです。

「いくら俺たちのことを
理解し、
認め、
受け止め、
味方になると言われても・・・
無理なこともあるんだよ」

それはそうだろうと思いました。

子ども時代を過ごしてきたとはいえども、時代も違います。

例えば高校受験 大学受験一つとっても、
私たちのころとは違ってきています。

だから、温度差やズレが生じる・・・

イケメン息子はよく言います。

「同じ仲間じゃないとダメな時もあるんだよ・・・

それはお母さんも同じでしょ?」

そうやな^^  

あんたの言うとおりやわ^^

例えば・・・

独身の友人に結婚生活の悩みを話すことは困難でしょう・・・

親として抱えている悩みを
親ではない友人に話すことは困難でしょう・・・

まして、不倫や、浮気、性生活の悩みなど、
なかなか言えるものではありません。

自分の弱みを見せぬよう、
そして失敗しないよう、

そこにばかり気を取られて混乱だらけになることも
あるかもしれませんね。

男性という性、女性という性

ここも互いが理解しきれないことも沢山あると思います。

出来ることなら、似たようなカテゴリーの人と繋がって
悩みをシェアできる場所があるといいですね^^


もしかしたら、実習生は、今日の授業で
たった独りで味方が誰も居ない中で過ごしたような…
そんな気分になっていたかもしれませんね…

実習生にエール^^

 

本日のアメブロ記事・・・

 

 

 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^