「父のようにはなりたくない」

アメブロ過去記事5月31日投稿記事より・・・

 

「父のようにはなりたくない」 
阿部 夏丸・作 ブロンズ新社

「楽しい?」
「うん、楽しいぞ」
「ウソ、毎日夜中に帰ってきて、
飯食って寝るだけの生活だろ。少しも楽しそうじゃない」
「それは、見えてないだけさ。
俺にだって、お前の楽しいことが分からない。
好きな音楽だって、理解できない。
でも、お前には、楽しいことが一杯あるだろう」
「まあな」
「それと一緒だ。大人は楽しいぞ、めちゃめちゃ楽しい。
人生をいばらの道みたいに言う奴いるけどな、
あんなのは大ウソだ。」

(大人は楽しいぞ)それは、進路に悩んでいた
サトシにとって、驚きの一言だった。
サトシは確かめるようにいった。

「ウソだろ?」
「本当さぁ、子どもも大人も両方とも経験した
俺がいうんだから間違いない」
「だって、大人はみんないうぜ。
大人は大変だ、たくさん勉強しとかないと、
後で困ったことになるって」
~略~
「でもな、どんな生き方したって苦労はあるし、
楽しみはある。いろんな人間がいるんだから、
いろんな生き方があってもいいと、俺は思うんだがなぁ」


題名の予想に反して内容は全く違います。
これは子どもたちには勿論ですが
子どもに携わる全ての大人たちに
是非お勧めしたい本です。

子どもを追いつめたり、脅迫したりして、
将来への不安を駆りたてるようなことは…
言いたくないものです…
…折角私たちの子どもとして
生まれてきてくれたのですから…

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

昨日に引き続き、紹介本です。

良いこと言ってたね・・・・私^^(自画自賛^^)



「ウソ、毎日夜中に帰ってきて、
飯食って寝るだけの生活だろ。少しも楽しそうじゃない」

「それは、見えてないだけさ。
俺にだって、お前の楽しことが分からない。
好きな音楽だって、理解できない。
でも、お前には、楽しいことが一杯あるだろう」


自分から見て相手がどう思っているのか…

その通りとは限らない。

それは、自分から見た気持ちであって、
相手の気持ちではないのだから。

相手の気持ちは相手の物であり、
例えば、
我が子といえども100%理解できるわけがない。

そこをはき違えて

「あの子のことは親である私が一番よくわかっている」

そう思うのは、ちょっと待って・・・^^;です。

その想いが
お子さんの気持ちをしんどくさせていることだって
あるかもしれない・・・

そして、その想いを背負い学校で友人関係において
混乱させる切っ掛けになるかもしれません。

つまり、知らず知らずのうちにお友達に対して
同じように(親から受けたそれを)、分かりもしないのに
分かったような気持ちで接することで
お友達が離れていくこともあるかもしれない…

親は子どもをサポートするとき、子どもに対して
「ああ、お前はそう思ったんだね。」
「父さんは、(母さんは)あの時、こう思ったよ」

どちらも間違いではない。
一人一人が感じることに、考えることに、間違いはない。
それぞれがそれぞれの頭(心)で感じ考えた答えに
間違いなどないのだから・・・

そこを伝えて行けたら、いいですね。

「それと一緒だ。大人は楽しいぞ、めちゃめちゃ楽しい。
人生をいばらの道みたいに言う奴いるけどな、
あんなのは大ウソだ。」

「でもな、どんな生き方したって
苦労はあるし、楽しみはある。

いろんな人間がいるんだから、
いろんな生き方があってもいいと、俺は思うんだがなぁ」

このセリフ・・・大好き!!

 

本日のアメブロ記事・・・




ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^