同じことの繰り返しの日々ですか?いえいえ、どの日も同じ日などありゃしませんよ^^

アメブロ過去記事6月18日投稿記事より・・・

 

先日、お休みを頂いて、セミナーに参加してまいりました。

久々の仲間との再会に、
ちょっと胸の高鳴りと言いますか、
ドキドキして、ワクワクでした^^

久々と言っても一か月ぶりなのですが、
来月から更にバージョンアップすべく
次のステップに行くため、その前に復習を…
ということで企画して頂いたものです。

(※余談ですが・・・ここで、新たな出会いもありました。
一年前に同じセミナーを受講されていた方も来られていて
その方、なんと 
ふじたのブログを読んでくださっていたとのこと^^
何たるご縁!感謝です^^)

トレーナーとは二か月半ぶりの再会^^

このトレーナーも含めて、
まるで気分は同窓会 ルンルン♪

この少しの期間 会っていなかった間に、
”トレーナを含めた仲間”は
それぞれ成長していて、そして何より 
おめでたい話も聞けて、嬉しかったんです…

誰が
どんな 
めでたい話かってことまでは言えないのですが…

”変化”

この”変化”がお互いに嬉しいなぁ…って。


さて、そういうことで(どういうことよ?^^;)
本日のお題は「変化」に絞りますね。


あのですね・・・
皆さんは自分は毎日同じことの繰り返しをして
生活しているって思ってませんか?

(いやぁ~そんな風には思っていないわ…
って方には、今回のブログは
あまり参考にはならないと思います。)

例えば
「朝起きて、朝食作って、
家族をそれぞれの場所へ送り出し、
掃除 洗濯、お買い物、
お昼ご飯食べたら、ちょっとテレビなんか見たりして、

あ。。。お子さんが小さい方は今の時期だと
涼しい時間に公園へ連れていったりして、
帰宅してからお昼ご飯作って食べさせて
午睡させたりするかもしれませんね。

そして、少し自分も休んだり たまっているアイロンがけや
ボタンの付け替えなんかしたりして、
洗濯物取り込んで夕飯の支度にかかる。

そうこうしているうちに子どもたちが帰宅して
塾の送り迎え、保育園のお迎え、
ご飯を仕上げて 食べさせて、お風呂に入れて、
寝かしつけて自分もバタンキュー^^;

毎日毎日、こういう生活の繰り返しだと…
思っておられませんか?

ある方はこう言いました。

「私は、家政婦じゃない!!」

怒ってますね^^;

「私は、一体何のために結婚したのか?
彼の世話係をするために結婚したんじゃない!!」

これもまた怒ってますよ^^;

「こんなに一生懸命してるのに、
当たり前だと思われてる!!
私が家を出て行ったら分かるんやわ!!
家出してやる!!」

・・・・怒ってます^^;

「ありがとう…この一言を聞いたことがない!!」

・・・ハイ^^; 
もうこのあたりで止めときますね、
ナンボでも出てきますんで…



結婚した二人がともに生活し始めると、
色々と想定外の問題が勃発したりしますね。

(二人がお付き合いしていただけの時期とは違って、
親や兄弟や親せきも関わってきますので、
その問題も出てきたりしますしね・・・)

それは相手の家庭と自分の家庭の温度差や
二人が育ってきた環境の違いから 
それぞれが与えられてきた
「物差し」
が違うせいもあるかもしれません…

でな、これを最初から分かったうえで
結婚する二人は滅多にいないでしょう…

あ~~もしかしたら私のトレーナーであれば、
大丈夫かもしれません…
一瞬の混乱はあってもすぐに立て直せる人でしょうねぇ~
ホンマにすごい人ですから…

あ。話がそれましたね…^^;

で、ですね…

上記に上げた奥様の言葉達…
ここから何か感じられた方もいてるかもしれませんが…

いないかもしれないので…ちょっと軽く説明を…

(あまりしたくないんですけどね…
自分で感じて見つける方が腑に落ちますので…
カウンセリングであれば 
このあたりをじっくりできるんですけど、
ブログだと ついつい書いちゃいますね^^;

あ…説明は明日にしようかしら?
そしたら皆さんその間に考える時間持てるし…)

…ってブツブツ独り言言ってる間に…
早よ書いて~~~って声が聞こえてきそうなので…



「私は、家政婦じゃない!!」

「私は、一体何のために結婚したのか?
彼の世話係をするために結婚したんじゃない!!」

「こんなに一生懸命してるのに、
当たり前だと思われてる!!
私が家を出て行ったら分かるんやわ!!
家出してやる!!」

「ありがとう…この一言を聞いたことがない!!」


これな、奥様、
何をご主人に求めておられるのでしょうか??^^


「注目」ちゃいます???

注目しててほしい。こんなに頑張ってる私を認めてほしい。


なんで?なんでそう思うん?
(ここは、ご自身で考えて見てくださいね^^)




一昨日、ふじたは行きつけの美容院に行って
「眉カット」をしてもらいました。

去年の12月あたりから髪の毛をカットしてもらうたびに
お願いしております。

で、眉カットの後、髪の毛をカットしてもらったのですが…

カット中に
「眉カットするようになって、
周りの人からの 評判どうですか?」

とスタッフの方から聞かれたんです。

ふじたは正直に「ん?別に何もないなぁ~~~」

と答えたんですね。

そしたら少し残念そうにされたのですが、
笑いながら笑顔で私は
「別に誰かに何かを言われたくて
眉カットお願いしてるわけじゃないからね^^」
と答えました。

つまり・・・


家事も育児も誰かの賞賛を頂きたくてするんじゃなくて、

この今一瞬一瞬の瞬間、
もう二度と戻ってこない この
幼い時期、
若い時期、
この瞬間

”ともに共有できる時間”

これは育児をしているものだけに
与えられた 「価値」 ある時間です。

(主夫以外の)多くの夫たちは残念ながら、
子どもが初めて言葉を発した瞬間も、
初めて寝返りを打った瞬間も、
初めて立った瞬間も、
はたまた立とうとして前のめりになって転んだ瞬間も
見れないかもしれません。

けれど、あなたは見れるんです。

あなたは今まで見れてきたのです。

そしてこれから先も…

帰宅して学校から帰ってきた子どもが
悲しい事があって小さな胸を痛めている時も、
ともに過ごし、安心を与えることが出来るんです。

これは あなたが
育児に直接携わっているからこそ得られる
「特権」 でもあります。

その 価値 
その 特権 によって
どの瞬間も楽しめたらいいですよね。

そして何より、実はどの日も

「新しい一日」であり、

「同じ一日」など 

どこにもありゃしないのだから…


「変化」

楽しみませんか?^^

 

 

本日のアメブロ記事・・・