子どもの「やりたい!」という気持ちを止めること。

アメブロ過去記事6月25日投稿記事より・・・

 

「ルドルフとイッパイアッテナ」
「ルドルフともだち ひとりだち」
「ルドルフと いくねこ くるねこ」
斉藤 洋・作  講談社

「友だちがなにか新しいことをするのをとめるのは、
よくないことだってわかってきた。
そういうのは、友だち足を引っぱることなんだ」

主人公である猫、ルドルフは友人が決断したことに、
ただ黙って寄り添う場面で出た言葉です。
恐るべしこのルドルフは猫でありながら
文字が読めるし書けるのです!
それに、とっても相手の心を想って
考えることが出来る猫なのです。
このルドルフから学ぶことは沢山ありそうですよぁ~!!
あなたにも こんな風に人を想ったり想われたりする人が 
もしいたなら、それだけで 
あなたは幸せ者かもしれないね・・・
いえいえ か・な・り・幸せ者ですよ^^


今日は、読み聞かせおばちゃんをしていたころの
紹介記事のアップです。

児童書はホントに学ぶところが多いですね。

この部分では抑圧について書いてますね。

いつもいつもこんな文面ばかりではありません。

とにかくおもろい。

これにつきますね。

寝る前の読み聞かせなんですが、
いつもこの本を読むときは子ども達は興奮してましたね…


「ナルニア国物語」を翻訳された 瀬田貞二さんは
「子どもの本は最後はhappyendでなければいけません。」

と福音館書店が出されている青い布張りの豪華な本の中で
話されています。
(題名忘れちゃいました^^;)

これは「三匹のヤギとガラガラドン」っていう
絵本を翻訳されたときのお話の中で
書いておられたように思います。

途中経過はハラハラドキドキなんですが、最後は
「おもしろかった!!」
で終われる本。

これがいいんですよね^^

何かの参考になるかもしれません。

お時間がある方は読んでみてください^^

今日は児童書の紹介でした!!

 

本日のアメブロ記事・・・