言葉には表と裏があります。それによって子どもから「ヤル気」と「自信」を奪うこともあるのです。

アメブロ過去記事 7月12日投稿記事より…

 

昨日のブログ「親子 大人と子どもの関係で大事な事はいつも言いますが・・・^^;」
で、メッセージをFBのほうで何通か頂きました。

その一つに友人からのメッセージで、
こんな言葉を頂きました。

改めて、おはようございます♪
「親子 大人と子どもの関係 で大事な事は
いつも言いますが・・・^^;」のブログ記事の中で
親の経験についての記述が有りましたが、
そうだな~と納得。

僕は、幼少期から、親に褒めらた事は
記憶に有りません。

「母ちゃん!〇〇出来たよ」 
先生が褒めてくれたよ!」と言っても、
「だから、出来るんやから一生懸命せないかん!」
が褒め言葉の様な、
さらなる命令に受け取って居ましたね。
そのせいか、今、成人の娘を社会へ出し、
大学生の子供を持ち、両方の子供へは、
可能性に賭けると言う事を親の命令ではなく
子供自身に決定させて応援を怠らない事に
専念しました。

藤田さんのお子様がお母さんに語り掛ける事が多い様に
手前でも、娘も息子も未だに何でも話してくれます。
辛い事も嬉しい事も。当然、良く頑張った事には、
良く頑張ったな!凄いじゃん!と褒めてやります。

そんな事を、ふと、思い出させてくれた
良い記事でした。有難うございます♪

とても励みになりました^^
ありがとうございますm(__)m

さて、もうお気づきの方もおられるかもしれませんね。

なんで、友人のメッセージを出したのか・・・^^

上記の色の違う言葉の部分。

お分かりですね?

親は我が子に期待します。

こんな大人になってほしい。

ああいう仕事についてほしい。

そして一生懸命です。

けれど、
その言葉がけが子どもからヤル気を奪い、
自信を奪うこともあります。

実際、お母様は我が子を励ましているつもりです。

けれども本人はどう感じていたかと言えば、
さらなる命令に受け取って居ましたね。」です。


言葉には表と裏があることがあります。

表はそのままの言葉の意味。

でも

裏もある場合もあります。

裏というのは、表とは全く違う、意味です。

ですから、ここで混乱が生じますね。

表で言ってる言葉のわりに表情が違うと感じた場合・・・

子どもはこう感じるかもしれません。

”OKだと言ってるけれど、
実際はOKじゃないの?どっちなの?”


こんな感じですね。


そして敏感な子どもであれば更にこう感じるかもしれません。


”この人の話は信頼できない。”


さぁ~どうしましょう・・・


信頼できない・・・というレッテルを張られてしまったら 
なかなか回復しづらいです・・・


こうなると「親が悪い」となりがちですが・・・

これも いつも言う事ですが、
親だけが悪いのではありません。

むしろ親もある意味被害者だったりします。

受けていないものを我が子に与えるってことは
親にとってかなりエネルギーを必要とします。

ふじたの場合は
セッションを受けては見つけて、受けてはまた見つけて…
って感じです。

ですから、まだまだかもしれません…

親が幼い時期に受けてきた言葉や暴力は
本人にしかわからない痛みです。

その痛みに気が付く事、刺さっているトゲに気が付く事。

見たくない、知りたくない、ではなく
実は過去の自分を癒やすため。

過去の自分はそれでも最善を尽くし
生き延びてきたことを知るため。

そして何より 自分の人生を取り戻すため。


ちょっと大げさかしら?^^

でも、そのために相談者様がセッションで取り組むとき、
その勇気にふじたは感動することが多々あります。

この友人もきっと日々日常で感じることを麻痺させずに、
とてもエネルギーを沢山費やして自己と向き合い
色々なことに気が付いて行ったんだと思います。

素晴らしいですね。


言葉には表と裏があります。

子どもたちに伝えるとき、
混乱させないようにしたいものですね…

 

本日のアメブロ記事…

 

 



ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^