子育て 育児 親として どうあればいいかわからぁ~~~~ん^^;って人いますよね^^

アメブロ過去記事7月31日投稿記事より・・・

 

今日は、「子育て」について、少しだけ・・・

子どもがいる人にとっては、日常の中心に
「育児」
が常にありますよね。

この
「子育て」「育児」「子ども」
を中心に母親の生活は回っている。

回ってるんならまだいいのですけど…

振り回されている人も中にはいるかもしれませんね…

「子育て」がよくわからん。

「育児」って何?

ただ食べさせて寝かせてればいいんじゃないの?…^^;

まぁ、基本はね、そうとも言えなくはないよね。

かなり乱暴な言い方だけどね。

「子どもは親がいなくても育つ」っていう言葉があるように
ただ育つだけなら、親じゃなくても育つよね…


実際に自分の意思は全く聞いてもらえることなく
親以外の人の所にもらわれて育った人もいますよね。


大人はよくありがちなのですけれど
「子どもの意思」
を確認しないまま
子どもの人生にも大きく影響するようなことを
勝手に決めたりしますよね。

その時、自分の気持ちを聞いてもらえなかった子どもは
深く傷つきます。

まだね、それでも、わけわかんないけれど、
親が説明してくれた 
という事実があれば 言葉足らずであっただろうと
その事実は消えないわけで
まだいいんです。

でも、全く自分の気持ちを聞いてもらえなかったら
それはやっぱり傷つくってもんです…


今まで、子どもの意思を尊重できていなかった…とね
もし気が付かれた方がおられたならば
それはそれでラッキーです^^

気が付かれたということは
この先は別の方法を
考える
選択する
ことも出来るからね^^

自分自身が
親から自分の気持ちを大事にされてこなかった方にとって
子どもの気持ちを聴く事は困難に感じるかもしれませんね…

聞き方が分からない。

どう接してあげれば良くて
どう親としてアドバイスしてあげれば良いのか。

そして子どもの願いを叶えるには
どうしてあげれば良いのか…

混乱だらけですよね…


先ず第一に、あなたは親に対して相談事があったとき
どう接してほしかったのでしょうか?

そこを考えて見てくださいね。

そして、どう言ってほしかったのでしょうか?


ご自身と向き合うことで見えてくる物がありますね。

やってみたけど見えてこない~~~~
って方もおられるかもしれません。

そんな時は、信頼できる方に
ちょっと話しを聞いてもらいましょう。

その時に、聞いてもらって何を感じたか。

その人から言われたことがもしあったなら
それを言われてどんな気持ちになったのか?

これもいいヒントになるかもしれません。


ちょっと今日は
意地悪問題の提示のみで終わっちゃった感がありますが
ご自身で考えて見てくださいね^^

 

本日のアメブロ記事・・・

 


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^