子どもへの決めつけ。

アメブロ過去記事8月16日投稿記事より…

 

もうね、その少年が教室に来るとね、
一気に空気が変わるんですよ…^^;


今日は、ある少年のお話です。


まぁね、毎回怒られてるわなぁ…

だって、真面目にやってる人の所へ行っては邪魔するし
おしゃべりしだすし
自分の宿題にもなかなか取り組まないしね…

ふじたの所へ採点してもらうために採点箱へ入れに来た時も 
一々おどけたりしてパフォーマンスしてアピールするしね…

まぁ、私はいいんですよ^^

結構楽しんでるし…

けど指導者からすると彼のような行動をとる人って
厄介なんですね、きっと…


で、彼も知ってるんです。
指導者から自分が目を付けられていることはね…


彼に巻き込まれる形で色々な子が影響されます。

仕舞には指導者は

「もう お家の人に電話してお迎えに来てもらいます!」

宣言をし出すんですね。

さて、こんな脅しに聞く彼ではありません。

きっちり 言葉を返していきます。

「はいはい、どうぞ~~~」


もう、このやり取りには 正直 笑えてくるんですね。

いえ、指導者に対して笑ってるんじゃないんです。

彼のその大人を見透かすような態度に対して笑えるんです。

何といいますか…
ふじたが幼い頃言えなかった言葉を
彼が言ってくれてるような・・・
そんな気分になってしまうのかもしれません。

上手く言えんですが、すっきり感。

けど同じ言葉をふじたに向かって言われたら…
わかんないですねぇ~~~

反応しちゃうかもしれません^^;

ていうか、
ゲーム感覚でやり取りを楽しむかもしれませんね。



さて、ここまでの情報から、あなたは彼のことを
どう見たでしょうか…

その、どう感じたかを感じたまま読み進めてくださいね。



先日、

”あぁ~~~、やっぱりね…”


っていう彼の、ある場面を見ました。


それは、




幼稚園児の子が兄弟でもないのに
彼に付きまとっている姿です。

足元に座り込んで片足に両手をからませ
歩けないように邪魔する。

腕に絡み付いて離れない。

後ろからジャンプしておぶさる。



その間、彼がどうしていたかというと

「はいはい^^ちょっと待ちなさい~~~」

「歩けないでしょう~~~~」
こちょこちょ攻撃でくすぐります。

「分かった分かった」
と言いながら仲間とお話しする。

この幼児さん、か・な・り・しつこく付きまとってました。

仕舞には

「もう終わり、もうおわりやでぇ~~~
帰らなあかんねん^^;」

でも、離れない・・・

ホント困ったと思いますが、決して乱暴はしませんでした。

彼は怒ったらかなり力もある子です。

でも、おどけて 笑いを取るタイプですね。


彼は一人子です。

幼児さんにはお姉ちゃんが二人います。

お互い ”ない人”を求めたんですかね…^^

見てて飽きない光景でした。


大人は言う事を聞かない子どもに対して
決めつけたりしがちです。

宿題に集中できないのには必ず理由があります。

それでも、どんな理由であれ、
やったほうがいいのかどうかは 
ふじたには分かりませんが
指導者曰く、

生徒のため…

と言いますね。



昨日のニュースで小学生が夏休みを返上して
塾の合宿に参加している生徒を写してましたが
ある女の子がインタビューに こう応えておりました。

「将来なりたいものがあるので、
今やってることは決して無駄ではないということです。
今、私はやるべきことをきっちりやる。・・・・・
これからが勝負です。」

こんな内容だったと思います。

本当に本人がそう思っているのであれば問題ないですね。

ふじたは、ちょっと引っ掛かってしまいましたが…

それは私の問題でしょうね…



※ちょっと今回は一度に書ききれないので、続きは明日に・・・

本日のアメブロ記事…

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^