子どもが親に「何かを使って」伝えてきたとき、その裏に込めたメッセージがあるかもしれません…

アメブロ過去記事9月12日投稿記事より…

 

あなたは
「妖怪アパートの優雅な日常」 
というお話をご存知でしょうか…


実はふじたも知りません^^;

今日ある方から、教えていただいたんです。


そのお話の中で印象に残ったセリフがあって
そのセリフはお子さんから教えていただいたとかで 
ふじたにも教えて頂きました。


「あなたの 人生は 
果てしなく 長いのだから 
肩の力を抜きなさい。」

このお子さんは
このお話の中で出てきたメッセージを使って 
何かを伝えたかったのかもしれませんね…

子どもたちはいつも
実は
しっかりと親を注目してくれていたりします。

言わないだけでね…

さて、ここからは
この親子のことでシェアするのではなく…
このセリフからちょっと考えていきたいと思います。


もし、今 抱えている問題があるのであれば
その問題は昨日今日の短期間で起きた問題ではなく 
長い月日 年月を掛けて
連鎖して起きている問題だとしたら
今日、明日で片つく問題では ないかもしれません…


一気に”かた”を付けようとしたりせず
焦らずに のんびり構えなさい。

って言ってくれているように ふじたには受け取れました。

さて、あなたは、どう受け取れたのでしょう…

その時の個々の状況によって
感じ方や受け取り方は様々あっていいと思います。



話を戻しますね。

問題から目を逸らすのではなく
問題から時には逃げ、そして必要な物を装備し
またその問題に立ち向かう。


勿論、夫婦関係で命にかかわるような
DVなんかであれば、とにかく早急に
身の安全の確保をお願いします。


ですが、そうではなく 
親子関係の悩みや 
夫婦関係の悩みであれば
逆に焦ると軸がぶれたり
方向性が見えなくなったり 
するかもしれません。


「あなたの 人生は 
果てしなく 長いのだから 
肩の力を抜きなさい。」


焦って答えを無理やり出しても
本当にそれでOKかどうか
本当に自分の気持ちを大事に出した答えかどうか
後になって冷静になって考えて見ると

…違うかも…

って思うこともあるかもしれません。

じっくり、のんびり 肩の力を抜いて
自分の気持ちは 今 どんななのか…

まずは感じてみませんか?^^


意固地になってる自分はいないだろうか。

攻撃に執着している自分はいないだろうか。

仕返しに燃えている自分はいないだろうか。


本当に自分がしたいことは何なのだろうか。

本当になりたい自分はどんな自分なんだろうか。

本当は自分が楽な状態って
どんな状況になった時なんだろうか。


っま!ここにあげたのはホンの一部なので
人によっては言葉が様々に変わることと思います。


さて、あなたは 何を感じたのかしらね^^

本日のアメブロ記事・・・

「NO!が言えない^^;」
ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^