生まれてくる時も 死ぬ時も 誰も皆 独りきり…ですか?人との繋がりから…

アメブロ過去記事9月15日投稿記事より・・・

 

昨夜 ふじたがアップした記事を
紹介してくださった方がおられます^^

facebookでも繋がっている
「山崎 達己先生」^^[読書感想文]ふじた先生の「読み聞かせしたあと、これはやってはいけません…」を読んで。」

ふじたは あまり「先生」という言葉を
使いたがりません^^;

なんだか対等感がない気がして…

ですが、相手が自分を先生と呼んでくださった時は
ふじたも同じように呼ぶことが出来るようになりました。

普段は「達己さん」とお呼びしております^^

山崎先生は、ここで ふじたのブログから 
もっと視野を広げて人との関わりについて
お話しされてると思います。


皆、自分の生活のことで頭が一杯で
余裕がありません。

ただ単にそれだけなら 仕方ない…
…とも言えなくもない気がするのですが
でもね

私たちは この世に生まれてくるとき
必ず共同作業で生まれてきています。

自然分娩の場合
長い長い陣痛をへて
お母さんが必死で いきむ。
その時、あなたも必死で狭いトンネルを抜けるために
体を上手くねじって出てきます。

その時の記憶はないかもしれませんが
相当苦しいと言います。

帝王切開。
(我が子は皆 これで無事に生まれてきました。^^)

散々いきんでも出て来れず
赤ちゃんも母体も危険だとわかった時
ドクターが助けてくれます。

最初から、お産に耐えられないとわかっていた場合
赤ちゃんの成長を見守って時期を見て手術しますね。
(まぁ、その場合
あなたはまだお腹にいたいと思っていたのでしょうから
急に出されて迷惑だったかもしれませんが…^^;)

「生まれてくるときも死ぬ時も 誰も皆 独りきり」

と誰かから聞かされた記憶がありますが…

少なくとも生まれてくるときは 
独りじゃない。

と ふじたは思うのです。

(まれなケースもありますが
ここではあえて書かずにおきますね。)


私たちは 愛し愛され
手と手を取り合うために
この世に生まれてきている。


でも、その後、受ける教育や常識 等々によって
あなたを混乱に陥れ
誰かの助けになることを阻む。

それが 悲しいね…

(いえ、勿論 
助けないでいる 自由もあります^^)


子どもたちは読み聞かせをしてもらった後
しばらくその世界に漂って どっぷりはまっています。

そして 自分なりの落ち着くストーリーを
さらに作り上げているかもしれません。

(妄想族^^)

それでいい^^

その”妄想族の時間が大事”なんですね。


時間に余裕がなくて
他人のことに関わっていられない。


それだけかしらね…


本当は、そうじゃなくて
生まれてくるときから助け合って生まれてきたのに
その後の教育や
常識という枠組みの中で 受けたものによって 
人と関わることへのネガティブさだけを
埋め込まれてしまったんじゃないかと…

それは、広範囲に及ぶこと。

一点から受けたものだけではない。

傷も経験です。

その傷。

かさぶたになる前にめくってしまう癖。

じくじくしてなかなか乾かない傷。

他人によって えぐられる傷。

触らないように目を逸らしている傷。

そして、いつしか
自ら消毒液と必要な薬を見つけて治すかもね。

それでもダメなら外科的手術に踏み切るかも…


でも、さっきも言ったように傷も経験です。

この経験によって方法を見つけて治せたなら
似たよう場面が来ても 
次からは
浅い傷で済むかもしれない。

(それでも受けた傷跡は残るでしょう。
そして、100%似たような場面が来ても
浅い傷で済む という保証は出来ないけれど…)


そんなこんなを感じた ふじたでした…


山崎先生は、ふじたを絶賛してくださっていますが
いえいえ
山崎先生こそ素晴らしい方です(*^_^*)

昨夜 遅くまでfacebookで
お話しをさせていただいたのですが
何を目的に、目標にしているか
そして ありきたりのカウンセリングではなく
決めつけではなく
広い範囲で物事を観察し 
捉えておられる。

パターン化していないんです。

一人一人へのカウンセリングをしておられるんだな…
と思いました。

これ 大事ですよね。

少なくとも
ふじたと繋がってくださっている
コンサルタント
セラピスト
カウンセラーの方々も

パターン化していない 
一人一人へのカウンセリングをされている。

ブログを読むと「感じる」んです。
芯ですね。
芯を感じる。



いえね、勿論

ふじたが知らないだけで
他のカウンセラーさんでも沢山おられると思います。

とはいっても、カウンセラー同士って
なかなか繋がらないものです。

なぜなら
逆に自分とは違う方向性を持つカウンセラーも
実は居たりするからです。

それも恐らく同じくらいの数だけ
居るような気がします。

その中での山崎先生との出会いに
ホントに感謝しています。

この感謝は勿論 
私の方が山崎先生から得ることが多いにもかかわらず
繋がってくださったことに対しての
感謝であります^^

山崎先生
ありがとうございますm(__)m^^

 

本日のアメブロ記事・・・


男らしさ、女らしさ、じゃぁ、自分らしさって何?
ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^