あなたも私もとっても素晴らしい親です^^

アメブロ過去記事10月2日投稿記事より・・・

 

今日のブログは2012年11月8日に投稿した記事を
加筆修正し再投稿したものです。


ちょっと前にYahooニュースだったと思うのですが
幼い子どもを持つ親へのメッセージで
ベビーカーの迷惑行為について
書かれた内容のニュースが目に入ったことがありました。 


例えば

電車の中ではベビーカーをたたむべき。 

という内容だったと思います。 

話が飛びますが我が家のイケメン息子(中学3年生)は
今年の夏(2012年7月)蛙の子は蛙と言いますが
心理に興味を持ちアメリカへ渡米し、
ちょっぴり心理の勉強をするために
単身で行ってまいりました。

 この時の話を今でも思い出すとしてくれます。

 
そのイケメン息子が、このベビーカーの記事を読み

「ええ~ 何これ?
アメリカでは幼い子どもを連れた親には
みんな優しく接してたよ~」   

とコメント。 

ですがアメリカ人全ての人がそうではないと思いますが
この記事から息子は多分
親に対する世間からの抑圧を強く感じたようでした。


私自身の過去の経験を話せば…

転勤族で身内が全くいない土地で
夫は新しい職場で結果を出すことに必死で
私は幼い二人の子どもを毎日一人でお風呂に入れて
ゆっくり体も洗えなかったし

ある日は入浴中事故があって裸のまま救急車を呼び
受け入れ先の病院がなかなか見つからず

やっと見つかったと思ったら県外の病院で
それでもあきらめずに向かい
やっと到着したと思ったら
その病院の医師が

「え?新生児?僕診れないよ~^^;
大学病院に知り合い居るから頼んであげる」

と言ってこの医師が電話したら、即受け入れOKで。

でもさっきは断られたのに・・・ 

誰にでも一つや二つ
思い起こせばゾッとするような経験はあるでしょう・…

親は皆 本当に
我が子を守るため
育てるため
自立させるために
一生懸命に親をやっています。 

このベビーカーの記事にしても
幼い子どもだけで家に留守番させるわけにいかないのです。 
常に何処に行くにも連れていかねばなりません。 
そして買い物すれば荷物は沢山です。
毎日買い物は大変ですから
二~三日分は買い込む親が多いでしょう。 

私は見たことがあります。 
ある土地に転勤で住んでいる時に歩道に大きく

「ベビーカーは王様の乗り物ではありません」

と書かれた看板が何本も立ててあるのを。

あの時の私は何も感じることがまだできなかったけれど
今思い出すと
やっぱりちょっぴり寂しい気持ちになりますね。 

こういう世の中にあって 
親たちはどうやって平常心で我が子と向き合えますかね? 

全くサポートがないような孤独感を感じさせられて
世間から迷惑親子のような扱われ方をされているように感じ
だからこそ駄々をこねられたり泣き叫ばれたりしたなら
無理やりにでも押さえつけ
大人しくさせなくてはいけなかったり
これ以上泣かないように子どもを怒鳴りつけ
世間の人たちの居る前で
子どもをさらし者にしなくてはいけなかったり…

親は一生懸命やってるのに…

もっとサポートがあったなら

色々な悲しい出来事も少しは減るかもしれませんね。 

本日のアメブロ記事・・・

 女性が髪の毛を切っても 気がつかない男性。(笑)


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^