抑圧者は、実は孤独なんです。されど、腹がたつぅ~~~^^;

アメブロ過去記事10月12日投稿記事より・・・

 

今日、奈良県内で活躍されている
「ぜんぶ受け入れるカウンセリング」の
山中さんのブログ
蕎麦ですか、寿司ですか、結局天ぷらの相談
を読んで色々思い出したことが出てきたので
今日はそのことを書きたいと思います。


時々、ふじたがお手伝いに行っている
学習塾のお教室には
事務局の人間が来ます。

スーツ姿で名札をぶら下げて
両手を後ろにやり
生徒の様子を観察しに来ます。

時々立ち止またかと思うと
おもむろにメモと鉛筆を取り出し
ある生徒の前に立ったまま

ものを書き始めます。


まぁ~ここまで ふじたが書けば
何が言いたいかお分かりでしょう…


そうそう^^それです^^


生徒たちは、そのスーツ姿の人間がいる間は
いつもより静かに宿題に向かっています。


ですが、居なくなったのが分かると
必ずと言っていいほど数名の生徒たちが 
ふじたの所へやってきて

「なぁなぁ!先生!なんなん?あの人たち!!
ほんとウザい!」

「自分の所へ来て立ち止まられて
メモとかされるとさぁ~緊張するし
間違えてるんかなぁ~て思うやん…」

「俺ムカつくから、何も書いたらへん!!」

「うつむいたまま、寝る!!」


色々言いに来ますね^^

それ、インストラクターに言うてきたらええねん。


そう思うのですが言えるわけもなく
ふじたのところで毒吐いて帰ります^^;


話が変わりますが…

ふじたの住む土地は最近土地開発が進み
新たに200件近くの新興住宅地が出来ました。

そこで、アシスタントをしている ふじたに
事務局から連絡がありました。


新興住宅が出来たことで
子どもたちが沢山増えたでしょうから
お教室を開設しませんか?…と。

勿論お断りしたのですが…
この教室争いもすごくて
もし、ふじたが引き受けていたら
他の教室の先生ですが

「そこに教室が出来るならこの教室を閉めます。
なぜなら、その住宅地に近い生徒が
うちに沢山いるので取られてしまい
やっていけなくなるから!!」

と言われたとか…

恐るべし^^; 断って良かったわ…と…

(これもね、もし ふじたが引き受けたとしても
誰の問題かって言う事に尽きるんですけどね…)

で、話がそれたのですが
この時 事務局に直接話した事があります。

「教室訪問されるときはスーツではなく
名札もせずに普段着で
アシスタントと同じようにエプロンをして
採点されてはいかがでしょう?
実際に子どもたちから 
こんな声もあがってるんですけれど…」と…

(実際はこんなキツイ口調では
     話ておりませんよ^^念のため^^;)

で、事務局の回答が

「検討しておきます。」

ですが…全く変わりなし^^;

下々の声は なかなか届きませんね…


話を戻しますね。


人は、管理下、監視下に置かれると
精神状態を正常に保てません。

例えば、上司と部下。

「この件はお前に全面的に任せたから、やって見ろ!」


っと上司から言われた場合。

部下は信頼されてるんだと思い
頑張ってこなそうとします。

ですが、実際に上司から
「任せた!」
と言われたにもかかわらず
一々状況確認をされ
そしてその上ダメ出しされたなら…

その部下は伸びますかね…

上司の言ってることと、行動が伴わななければ
部下は混乱します。

創意工夫をこらして 自分で考え
いくつか選択種をだし
判断して決断するというプロセスも踏ませてもらえずに

ダメ出しです。

理由もきちんと教えてくれません。

そして、部下がどうして
こういう考えに至ったかの話も 聞いてくれない…

こんな関係で部下は伸びますかね?

いちいち上司の顔色見て
過ごさなければいけないなんて
しんどいじゃないですか。

そこに
「信頼」
という文字は存在しないのですから…


PS:長くなるので今日はここまでで、明日この続きで
親子の場合について
書きたいと思います。

本日のアメブロ記事・・・
なぜ 抑圧者に 誰も 歯向かえないのか…昨日のブログから…
ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^