2 私じゃ  俺じゃ  ダメでしょ… 満足しないでしょ…

アメブロ過去記事2013年10月18日投稿記事より・・・

 

昨日のブログの続きになります。



さて
待ち合わせ時間に
待ち合わせ場所へ 
リーダー行ったわな。



そこには、リーダーの顔色を気にして一人だけ

「私だけでも行かなきゃ!!」

って思って行った方がおられるんです。

なので、その日のお祭りは 二人で行かれたんです…



・・・・・・・って話なら良かったんですが・・・



リーダー…「え?あんただけ?何で?」(怒)



「今日、実は皆で藤田さん宅へ行ってたんで
皆疲れたんやと思います。
藤田さんは誘われていなかったみたいで・・・
誘われてたら、皆を今日呼んだりしなかったのに…って
気にされていましたよ・・・」

って最期まで言うか言わんかくらいで

「たった二人?
こんなんやったら行かれへんやん!(激怒!)」

で、その日

二人では無理!!

って怒って  行くのを止められたそうです…


翌日から更にふじたの交流関係について
そのリーダーからの監視の目が厳しくなったのは
言うまでもありません…

ふじたは全くは気にしておりませんでしたが・・・(笑)
っていうか
監視されてるなんて全く知らなかったのですが…^^;


しかしね、ビックリしましたよね。。。

何がって?
折角待ち合わせ場所に来てくれた彼女に対して

二人じゃ無理!!

ですよ?

これって「あんたじゃダメ!!

って言ってるようなもんです。

このリーダーは自分の呼びかけに
何人集まってくれるか 
その人数が多いに越したことは無く
そして、更に言うなら 
皆でワイワイ行くイメージでいたものを壊れたために 
そのイメージ通りじゃなくなったということに対して
腹を立てたのかも知れません。

そして
人が自分の思うようにコントロールされなかったこと
言うとおりに皆が従わなかったことに対して
自分自身に皆からの 
人望がないと感じ 
寂しくなり 
孤独を感じたのかもしれません。




あなたじゃダメ。

このメッセージはそう言う事じゃないでしょうか?

俺じゃダメでしょ。
私じゃダメでしょ。

親の思うとおりの姿になれていない自分を
攻めさせていることになりませんか?


私、思うんですよ。

子どもは

話を一杯したい!

って思ってるんじゃないだろうか。

で、ただ、聞いて欲しいだけなのに
途中で野次が飛ぶんですよ。

「親」という人が
親としてあるべく姿」を子どもに見せ
子どもから
「親をしている自分に対し」 評価を得るために?
いい親をしようとし
教えという説教を垂れる
・・・



これが     なんですって!!

これが子どもたちを混乱させる切っ掛け
原因になってるんですよ!!

彼らは自分で考えれます。

「何言うてんのふじたさん。
そんなん言うけど だったらほっといてみぃさ!
エライことになるで?」

はい、。それでええんです。

命にかかわること以外でしたら
ほっといてください!!

そしたら、考えます。



ええですか?

無知で無能やと思われている赤ちゃん。

ホンマは無能でもないし無知でもないんです。

その証拠に、誰も教えへんのに、自分で寝返りを打ち
自分でバランスを保ちながら
両手を広げ 顔を上げ 飛行機し
そしてお尻を上げはじめて
ハイハイの練習始めますやん!

そしたら腕を前に動かしてハイハイが始まるんです。

そしたら今度は つかまり立ちです。

三頭身の重い頭をバランス保ちながら
最後は歩けるようになるんです。


この素晴らしいプロセス!!

一体何回こけたり、頭打ったりしたことでしょう!!

それでも、泣いては又チャレンジしての繰り返し。


誰も教えへんのに自力で考えて出来るんです。

その自力で考える力を奪ってきたのは一体誰ですか?

・・・って話です。


もう、これ以上言わなくても お分かりですよね。


子どもに「私じゃダメでしょ」「俺じゃダメでしょ」

そんなセリフを吐かせて
自己肯定感を持たせないような
そして
自分を常に攻めるような大人には
しないでほしいものです…


「俺じゃダメでしょ」

「私じゃダメでしょ」


いいえ。

「あなたが ええんです」

「あなたはじゃなきゃ だめなんです」

「あなたでないと できないんです」

そして、

「あなたが 愛しいです」

 

本日のアメブロ記事・・・

 

セッション中やセッション後の頭痛や肩こり・・・これ、よくあることです^^心配ありません。

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^