何を感じますか?カードや本からのメッセージから受け取れるもの…

アメブロ過去記事11月4日投稿記事より…

 

青い鳥の本 文・石川 ゆかり 絵・梶野 沙羅 
           発売元・バイ インターナショナル

恋人とケンカをするとすぐに
「じゃあ別れよう」と口にしてしまう人がいますが
それは強そうでいて、実に弱く幼い発想です。

切り捨てるのはいつでもできますし、簡単なことです。
そのことについて悩まずに済みます。
「切り捨てる」対象はたくさんあります。
例えば離婚話の中で
「結婚したんだから誰がなんと言おうと絶対別れない」
と粘るのも、ある種の「切り捨て」です。
つまり、相手との関係を育むことを切り捨てて、
結婚というカタチを守る態度だからです。

一見「潔い」人よりも、踏みとどまって悩む人のほうが、
ずっと、誠実で、深さがあって、複雑で、強いのです。


これは、ふじたが奈良に来てから購入した本です。

ふじたは、友人が遊びに来てくれたとき
色々なカードや本を使って遊ぶことがあります。

その一つが上記の本。

この本は仲良しの友人が遊びに来てくれた時に
いつものようにお互いが

「やりあいっこしようか^^」 

と言って当てずっぽうに開き
友人側に出たページが上記のページ。

焦る友人…
「あら、なんで わかったんやろか、この本…^^;」

あの時 ふじたに出たページは
どこだったか忘れてしまうくらい
友人に出たページが記憶に残ってしまいました。


カード遊びにしても、この本にしても

「自分で選んでいる」

のでびっくりするんですよね…

占いでもない。
これは自分の中にある潜在能力
…とかいう領域かもしれません。


それはそうと、さてね、

上記の文を読んで あなたなら
何を感じるのでしょう…

何を感じてもOKなんですよね。

この文から

怒りを感じてもいいし
悲しみを感じてもいいし
恥ずかしさを感じてもいいし
寂しさを感じてもいいし
励ましを感じてもいい。

その人の状態によって変化するもの。

感じることは自由なんですから…


今日は、本の紹介でした^^

何かの参考になれば幸いです・・・^^

本日のアメブロ記事・・・

 

「相手の傷は引き受ける必要は全くありません!」