そうさ!俺様は 俺のことが大好きだからな!!

アメブロ過去記事11月11日投稿記事より・・・

 

ここのところ、ヘビーな内容が続いたので・・・

今日は、穏やかに。。。


お教室には年の離れた兄弟で来てくれている
子どもたちが何人かおります。

上の人が高学年のお姉ちゃん二人。
下の人は幼稚園児二人。

お姉ちゃんの上着を捕まえて離しません^^;

お姉ちゃんは二人とも無口で大人しい。

時々お姉ちゃん二人がボソボソと お話しながら
笑顔が溢れていたりするのが印象的です。


そして、中学の お兄ちゃんと幼稚園児の弟。

この二人はいつも別々できます。

幼稚園児の弟くんは幼稚園の帰りに
そのまま送ってもらってるのかな^^

お兄ちゃんは学校が終わったら
そのまま来てくれているようです。

この二人、必ずお教室に入ると言う言葉があります。

「あれ?お兄ちゃんは?まだ来てないの?」

「あれ?○○は?(弟くんの名前)」


そして、お兄ちゃんが先に来ていた場合
弟くんは お兄ちゃんを探して
隣へジリジリとねじり寄っていきます^^


その様子をニコニコの笑顔で見守りながら

「こっちに来るのか?来るのか?きたぁ~~~
(≧▽≦)

と嬉しそうに呟くお兄ちゃん。


お勉強中も弟くんのプリントを優しく見守り続けています。


でもね、とっても微笑ましい光景なんだけど・・・
お兄ちゃん、あなたのプリント

ジェンジェン進んでいないでしょ?

ってツッコミを入れたくなります^^;


そんな子ども達を見ながら、先日
ある高学年の少年に声がけしました。

彼はお教室の幼児さんに人気があり
いつも彼に絡みついていくのですが、全く怒らない。

イライラする様子も見せない。

なので聞いてみました。

「兄弟いたっけ?」

「おるよ、おねえちゃん」

「え?妹とか弟じゃなかったの?」

「ちゃうで~~」

「へぇ~!いつも幼児さんたちから人気があるから
弟か妹がおるのかと思ってたよ。」

「え?あそう?おれ、人気あるのか?
知らんかったわぁ~」

「あるやん!面倒見ええやん^^」

「へっへっへ!そうさ、俺様は
俺のことが大好きやからな!!


彼は自分のことが大好きなんだ …と言っている。

このことについて以前に
べっぴん娘が話してくれたことがあります。

「自分のことが好きな人ってさぁ~人から嫌われたとしても
それはそれって思えるじゃん。
他人からの評価とか気にしないから
誰が自分のことを どう思おうと
関係ないって思えるんだよね。

(途中省略)

だから、自分の考えを貫き通せる強さもある。
仮に失敗しても他人の評価が気にならないから
自分のペースを崩すこともない。
焦ることもない。
失敗した自分のプロセスを 自分で認められるから…
でも、それが なかなか難しいんだよね…」


そういえば、このお教室の彼は相手が誰であろうと、
仮に皆が怖がっているような子が相手であろうと
オドオドすることなく対等に話している。

つまり、それは、皆から怖がられている彼から
好かれたいとか思っていないから…
ってことになる。

そして、皆から怖がられている その彼も
自分に対して対等に話してくる彼と一緒にいる時
とてもフラットで楽に話しているように見える。

自分のことを好きになる。

出来ない自分も 出来る自分も

認めて好きになる。

そんな自分もいいじゃん^^って好きになる。

これ、大事ですよね。

自己肯定感。

また、子ども達から、改めて教えてもらいました。


子ども達との関わりは これだから、やめられない(^O^)

本日のアメブロ記事・・・

 

抑圧者に加担させられた人。例えば学校の先生はどう?