一本の線で繋がるということ。自分軸って言っておきながらブレそうになったなら…

アメブロ過去記事11月18日投稿記事より・・・

 

昨日の「親のセミナー」では 
価値についてやってみたのですが…

この価値について取り組んでおくことで
普段何気ないことだけれど
(いえ、本当は
そうでもなかったりするのですが…^^;)
煮詰まってしまった時に助けになることがあります。

育児のこと、夫婦関係のこと、仕事での人間関係のこと。



その煮詰まったとき
価値についてワークでやった内容を思い返し
確認することで、軸がぶれそうになっていたものが
整ってくる。

例えば、家族について取り組んだ時に
ぽんぽんと出てくる単語が 
人によってそれぞれですが
でも、その単語を眺めながら
ふと思うことが出てきたり…

(セミナーの詳しい内容は ここでは控えますね。)



軸がぶれそうになっていた時の自分は、もしかしたら
そこにフォーカスを当てることで
癖や傷が見えてくるかもしれませんね^^

癖や傷に気がついたら
今度は麻痺していた感情が
ポン!と出しやすくなってくる人も
いるかもしれませんね。


昨日参加してくださった方は
来られた時から帰るときまでを振り返ってみると
一本の線で繋がったものがあったかもしれません。

今日は簡単ですが「価値」について書いてみました。

次回のセミナーでも
「気づき と 感じること」
をテーマに ワークの時間を
取り入れていきたいと思っています。

そうすることで

親である自分
妻である自分
夫である自分

ってどんな姿?

客観的に見えてくるものがあるかもしれませんね…


本日のアメブロ記事・・・

 

夫婦関係、親子関係の「支配する者」と「支配される者」の苦しさについて。
ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^