『心理セラピスト』が語る! 「自分を見失わない考え方」とは?老若男女問わず参考になるのでは^^

アメブロ過去記事2013年12月19日投稿記事より…

 

今日は、ある方のブログの紹介になります。

読ませていただいて、ふじたの生涯目標の
「若い人・子ども達のサポート」にリンクしたので
ご紹介させていただきたいと思います。

ふじたと繋がってくださってる心理セラピストの中で
山崎達巳さんがおられます。

以前にもブログで紹介させていただいた方です。

先生…とお呼びするべきかもしれませんが
ここではあえて、いつもどおり
「達巳さん」 と呼ばせていただきますね。

この達巳さんのブログで、アメブロではないのですが
『心理セラピスト』が語る! 「自分を見失わない考え方」とは?
というブログがあります。

お時間がある方は読んでみてください・・・

ふじたは若い人のサポートを
生涯目標にしているのですが
そのためには
若い子ども達を育てている
親たちをサポートしなくてはいけないと思い
今現在は親子カウンセリングを
主軸にさせていただいております。



その為には 
夫婦関係も大事であり
夫婦のカウンセリングもさせていただいております。


その ふじたが時々カウンセリングに来られた方に
お伝えすることがあります。


「今現在の状況は、もしかしたら
過去のあなたが立てた姿かもしれません。

よく、過去がこうだから今がこうなんだ…
という捉え方をする方もおられますが
それも間違いではないのです。

けれど、この先の未来を考えたとき
自分はどうなりたいのかを決めて
そしてそれはだいたい何年後には…
と考え、そこから逆算して 

今、
一ヶ月後、
半年後、
来年・・・

自分はどうなっていたいかを決めることで
そこへ向かっていけるんですね。

あなはがどうしたいのか、
どうなっていたいのか。
そこが大事ですね^^」

未来にフラグを立てて。


達巳さんが言っておられることと同じことを 
ふじたも言っております。

(勿論、このフラグは絶対じゃありません。

予測不能な船旅ですから
軌道修正しながらでいいのです。

流れに抗わずにね。)


そして、これは 若い人に限らず
老若男女に言えることではないかしら?

何歳からでもやりたい事を見つけたら 
やってもいいんです。

親は、パートナーは 
そのお手伝い・サポートが
お互いに出来たらいいですね。


まず 

自分を大事に。

そして

相手も大事に。


せっかく生まれてきたんです。

この命、時間、自分のためにも
勿論 使っていいんです^^

 

 

本日のアメブロ記事…

 

ふじた家の家訓 (笑) 親バカっぷりを披露なり~~~^^



ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^