仲間外れをしたんじゃないよ。待ってたんだ・・・それなのに・・・どうして大人はわからないの??

アメブロ過去記事2013年12月29日投稿記事より…

 

この記事は2013年1月23日に投稿された記事を加筆修正したものです。

 

人と どう関わればいいのか分からなくて
いつもオドオドしている女子生徒がおりました。

でも、彼女は虐められているわけでもなく
無視されているわけでもなかったのですが
どうしても自分から人の中へは飛び込む勇気が
なかったんですね。

ある日、体育の時間に
数名ずつのグループを作ることになりました。
彼女は、自分から飛び込んでいけず
戸惑っておりました。

そこへあるグループの生徒たちが
人数が出来上がっておりましたが
彼女のことを思って
彼女が

「入れて!!」

っと言ってくるのを待っておりました。

でも、彼女は言えません・・・
そしたら、教師がやってきて こう言いました。

「仲間外れはなし!って言うたやろ!!」

そして、教師を中心に女子生徒達を円にして
お説教が始まりました。

ある生徒は こう思いました。

「先生うざっ!」

「あんたが問題デッカクしてんじゃん」

「あ~ぁ、これじゃまるで 
一人で突っ立ていた あの子が 
えぇ~さらし者じゃん」

そして、彼女が言ってくるのを待っていた
グループの生徒たちが叱られるという羽目に・・・

待っていたグループの生徒たちは
彼女が自分から言えるようになれればいいな・・・
その日を待とう・・・
今日は言えるかな。
もう少し待ってみよう・・・
心の中でそれぞれが思っていたんですね。
けれど、このチャンスを潰されてしまいました。

いつもいつも、私たちから

「おいで」

って手招きばかりじゃいけない…

そう思ったんだそうです。


これは私の娘のクラスの話です。
待っていたグループのなかに娘がおりました。
ちなみに娘はこう思ったそうです。


「先生、もうやめて!黙って!!」
「あなたに怒りを感じるわ!!」

けれど、こんな言葉が直接は言えない。
言えない言葉を飲み込んで、
帰宅したら思いっきり吐き出す。

子どもたちも、実は大変なんです・・・^^;
そして、その裏で 
教師たちも対応の仕方に葛藤をし、
実は、混乱もし、苦しんでいるんですね・・・

親は、学校であった話を出してくれている時
それがどんな内容であろうと、
注目して聴くことがまず大事でしょう。。。

そこには何のアドバイスもいらず
子どもが

「何を感じたのか」

を言わせてあげることが重要ですね。
しかし親自身が子どもが話す内容に対して

「いい人であってほしい」
とか
「人のためになる人であってほしい」
とか
「悪いことをしないでいてほしい」

などの感情が湧いてくるかもしれません。

そしたら、それは もしかしたら
あなたが言われてきた内容であって

「~であるべき」

という刷り込みから来ているのかもしれません。

そこを解決できれば
我が子の話もどんな内容であろうと
聴くことが出来るかもしれませんね・・・

子どもたちは いつだって

自分の感情を出したい。
聞いてもらいたい。

そう思っているでしょうからね・・・

本来は一番安心して話せるはずの 

あなたにね・・・

※ 補足です。ちなみに娘はこの時
どうだったらよかったか・・・
これについても話してくれました。

「できれば黙って知らん顔して待ってほしかったわ。
そりゃぁな、先生も時間がないから
焦るのは分かるけど
けどな、黙っといて欲しかったわ。

今回なんて、○○ちゃんどう感じたんやろか?
そう思うねん。
もし、他の方法があるとしたら
こっそり先生が私らの所に来てな

「あんたら、○○ちゃん入れたってくれるか?」

そう言ってきてくれたらな
私らも自分らの考えが言えたやん

”○○ちゃんから言いに来るの待ってるんです。
いつもいつも入れてあげてるけど
そうじゃなくて自分からも言ってきてええんやって
気が付いてほしい
から”

そう言えたやん!!」

子どもたちを舐めたらあきません。
ちゃんと考えているんですね。

 

 

本日のアメブロ記事・・・

 

 愛されてる。