「相手の傷は引き受ける必要は全くありません!」

アメブロ過去記事1月16日投稿記事より・・・

 

本日のお題

「相手の傷は引き受ける必要は全くありません!」

もう何度も繰り返し繰り返し
お伝えしていることではありますが…

それでもあえてまた言います!!


人は、誰かのロボットなんかじゃありません。


だから、相手の傷を引き受ける必要なんか
全くありませんよ^^


そこで 相手のゲームに乗ることもありません。


その相手の傷は
相手にそのまま返品してあげてください。


責任の所在は自分です。

あなたが引き受けることは全くありません。

そうなったのにも理由があるでしょう。

そこはそこで理解しても
引き受ける必要なんか全くないんです。


もし、傷を持って来たら

「で?何を期待してるの?」

「申し訳ないけど、言う相手が違うんじゃない?」

「その傷は私が与えた傷じゃないよね」

とでも言っておきましょうか。

それとも、

無反応もいいかもしれません。

その方が効果はあるかもしれません。


ちょっと今日は意地悪なブログでしたが…

今日は
「相手の傷は引き受ける必要は全くありません!」

でした!!

 

 

 

 

 

本日のアメブロ記事・・・

 

ピンチになった時 別の方法もあることを自ら見つけたら 親は認めること。 それが生きる力になる。

ふじたカウンセリングfacebook  
良かったら遊びにいらしてくださいね^^