「言葉に飢えてる大人。大人は飢えてるの?」

アメブロ過去記事1月22日投稿記事より・・・・

 

先日、ある中学で 
アンパンマンの やなせたかしさんの

「NHKスペシャル 
みんなの夢まもるため~やなせたかし
“アンパンマン人生”」

という題だったかな…
NHKの録画を生徒に流したそうです…


今日のテーマは
「言葉に飢えてる大人。大人は飢えてるの?」
です。


さて、このNHK番組

内容は一時間あったそうですが
ある生徒は

この番組一体何が言いたいのかわからなかった…

と言うんですね。


やなせさんは実際こんな言葉を残されてるそうです。

「たとえ、今この瞬間に闇が現れたとしても
次の瞬間は
”光”がさすかもしれない」

(っていうような内容だったと思います^^;)

この生徒は、やなせさんが 

どんな想いでアンパンマンの歌を作ったのか
どんな想いでアンパンマンのお話を作ったのか

お話し好きの母親から教えられて 
すでに知っておりました。

この女子生徒がビデオを観て感じたことは

「やなせさんは あのアニメは

万人に対して作った」

と言います。



「子どもとは不思議なもので 直感で分かるものだ。


大人になるとそれが分からなくなる。

(やなせさんの言葉より…)


だから、本来は あのアニメは

大人向けに作られたものなんだ」

と、その生徒は言います。

それなのに、いかにも 
お涙頂戴的な内容に怒りを感じ

さらに
 
最後には大人向けに
しっとりとしたバラード風に

アンパンマンの歌詞を変えて

通常のアニメソングの歌手は
ドリーミングさんなのですが
別の方 一青窈さんが歌って
最後締めくくったそうで・・・


この流れに、この生徒は

更に怒りを感じたと言います。



「やなせさんは 万人に対して作ったのであって 
子どもと 大人を分けていない。

分ける行為自体が
子どもを無力な人間としてしか見ていない
大人の問題ジャン。


なんでそれが大人たちは分からんのか。

さらに、勝手に歌を
バラード風に歌詞まで変えたりして 

やなせさんにたいして 
失礼だと思わんのか。」





この録画ビデオのあと
担任から感想を書かされたそうですが…



この生徒は何も書くことがなかったと言います。



「ビデオ中、先生たち泣いてんだよ!!分かる?


なんで泣いてんの???


答えは簡単でしょ?



言葉に飢えてんだよ!!

ちょっとした
感動する
感激する”言葉”に

飢えてんだよ!!


自分は やなせさんが言った言葉に
感動しなかったんじゃない。

すでにもう そのことは私は知ってる。

やなせさんが言ったこと
そうだと知ってるから感動も何もない。

共感した。

自分もそう思うなって共感した。

ただそれだけだよ。


先生、大人って言葉に飢えてんの?






あなたは、この生徒の言葉を読んで 
何を感じましたか?

この生徒が言いたいこと、伝わるかしら…




ちなみにね
大人を庇うわけじゃないんだけれど・・・^^;


大人は忙しい。
ホントに忙しい。
自分のための時間を使えるほど余裕がない。

日常に押され、自分を大事にする余裕がない。

でも、頑張ってる自分もいる。

でも、肯定できない自分もいる・・・


そして、自分と向き合う時間がない。

向き合って戦う勇気もない。


だから、ちょっとした癒される言葉に
敏感に反応するのかもしれない。


いつも考えなければいけないことが
沢山ありすぎて


疲れてる。



あなたも、癒される時間が必要で

あなたにも、自分と向き合う時間が必要で、

あなたにも、何より、

サポートが必要。


違いますか?




今日は、ある知性あふれる女子生徒からの疑問

「言葉に飢えてる大人。大人は飢えてるの?」

でした。


私はいつも10代の人たちの言葉が聴けて
幸せです・・・

ありがとう・・・


追記・・・
FBで お友達からのコメントがあって
そちらにも書いたのですが…

大人になるにつれ人生経験を積むことで
涙腺が緩む…っていうのもあると思います。

人間味が増して深みが出て・・・

ただ、そこに違和感がある場合も
あるかもしれません。

そこに この女子生徒は
何かを感じたのかもしれませんね…

 

 

 

本日のアメブロ記事・・・

 

 体は正直です^^ 本物を口にすれば体は喜ぶ^^

 

 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^