それ、ホンマに子どものサポート言えるん?自己満ちゃうん?

アメブロ過去記事2月23日投稿記事より…

 

今日もこの お題…ムカムカするよねぇ~~^^;

スンマセン…今日のお題
「それ、ホンマに子どものサポート言えるん?
              自己満ちゃうん?」

って話です^^;



この内容のブログは今までにも

何度か書いてきてますよね。


サポートをしてたつもりが

実は子どもを傷つけていた。


ってことあるよねぇ~~みたいな話。



いつも言うんですけど…

まずは本人の気持ち

本人の考えの確認

が先ですよね?


子供がどう思ってるのか

何を感じているのか

そして、このことについて 

どう考えているんか。

もし、そこに  

「助けが必要だとしたら」  

本人は何を求めているのか。



子供から話を聞いているうちに 

大人のが大騒ぎしだして 勝手に暴走する。

子供の気持ちは置き去り~~~


頼みもしていないのに 良かれと思って

大人に勝手に行動を起こされた

子どもの身にもなってください。

って話です。



例えば


自分の子供がテニスをやっていたとしましょう。

(いえ、別にテニスじゃなくってもええんですよ。

スイミングでも、空手でも、弓道でも^^)


で、ある日 試合があったとしましょう。


その試合で自分の子供が負けた場合。

審判に自己談判しに親がしゃしゃり出た。

「どう考えてもおかしいでしょう!!」



とか


子供がいじめにあった。

我が子が皆と仲良く遊べるようにと 

相手の子どもを待ち伏せし 

こっぴどく言いたいこと言って怒鳴りつけ

二度と我が子をイジメるな!!…と言い放った。

または逆に 

優しく諭すように話し、これからは仲良くしてやってね。

とお願いした。


とか


娘に赤ちゃんが生まれた。

親は嬉しくなって 

赤ちゃん用品が販売されている店に出向き

ウキウキ気分でウィンドウショッピング。

そしてそれだけでは収まらず

ベビーカーやら服を買って娘が居る土地へ送った。



これ、サポートなんだろうか…って話です。



子供の意思確認はされないまま

勝手に頼んでもいないのに審判に文句。


子供の気持ちをしっかり聞いて癒すことより先に、

子供の気持ちは置き去りのまま

相手の子供に言いつける。


頼まれもしないのに、勝手に買ってあげたくなって

ベビーカーやら服を送る。

もしかしたら、 ”こんなベビーカーにしよう…”

と考えていたかもしれないのに…

(ベビーカーはA型とB型あるし

     機能もそれぞれだからね)



これらは 

「押しつけ」であり

「親の傷」もあり

「自己満」であり

「相手の問題を奪っている行為」

でもあります。



これ みんな「邪」です。


ほんまに「邪!!!」

やから^^;


ほんと堪忍してやってくれい!!です。



子供の人生を親は生きれませぬ。

その人生は子供のものであり

例え自分の過去と

今、目の前にいる子供の姿が

自分と生き写しであったとしても

それ 別!!です。

親の姿 人生 じゃないんですってば!!


ここのボーダーをしっかり持たないと

子供たちは しんどいです。


もし、逆の立場で 親が自分に対して

上記のような行動をしてきたら

あなたならどう思います?

って話です。


っていうか、今日のブログは

ふじたさん、もう、こんなこと分かっとるわい!!

って人が多いと思いますが…^^;

けど、そういうあなたは 素晴らしい!!!

ってこと知っててくださいね^^



もし、反応するところがあったなら

そこ気にかけてあげるだけで

親子間の距離は変化するかもです^^


サポートは あくまでも忍者と同じです。


あ、黒子かなぁ~?


子供の考えをまずは聴く。

そこ ぬかしたら アカンよね^^




今日は
「それ、ホンマに子どものサポート言えるん?
           自己満ちゃうん?」

って お話でした。



ちょっと、苦しかった昨日のブログ

依存 子供 夫婦」  ともリンクするよね…




本日のアメブロ記事・・・

 あるお教室の先生が生徒を集めるために したこと。今日は生意気ブログです^^;


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^