他人の人生まで生きれませぬ。生きれるのは自分の人生だけですぞ!!巻き込まれたらアカンぜよ!

アメブロ過去記事4月12日投稿記事より…

 

例えば、極論ですけど…

我が子が人生を親より先に終えてしまった…

その時、親は我が子と仲が良かった親友に 

「うちの子の分まで生きてほしい」

っと頼んだとしましょう。







言われた親友


これ引き受けるのか?






あのですね…

これ・・・






断っていいんです!!!






さて、今日は

「他人の人生まで生きれませぬ。
生きれるのは自分の人生だけですぞ!!
巻き込まれたらアカンぜよ!」

って話です。






女優の誰だったかな~~~

親友が事故か何かで亡くなったんだよね…
その時 その女優さんは 



彼女の分まで生きよう



と決めたそうで…


同じ女優を目指した仲。

だから


自分だけが希望通り女優になってしまった…



という罪悪感もあったかもね。

親友が亡くなった後
彼女に昼のドラマの主役の話があって 
それにのめりこみます。


やがて彼女は
徐々に 
鬱になっていきました。




長年 鬱を患い、でも、
女優なので そう簡単に心療内科に行けなくて 
隠れるようにして鬱についての本を
読み漁ったといいます。


そして ある日 青森県の十和田湖へ
ロケに行った時のこと…

そこで ”自然” に触れたとき


「もういいんじゃない?」


って言う声が聞こえたとか。

それから彼女は段々に
鬱が良くなっていきました。



(十和田湖へ行くまでの道はね
本当に景色がきれいなんです。
春夏秋冬、どの季節も何度も行きましたけれど…
確かに 
心があらわれる思いで景色を楽しめました…)





何が言いたいかというとですね

人は誰かの人生を
生き続けることは出来ないんです!!



ってことです。



我が子の分まで あんた、生きてや。



これね、言うのは勝手ですけど
言われた人は
巻き込まれたらアカンです。



あなたの人生は あなただけのものです。


例えば
親が成し遂げられなかったことを子供に託す…

これも、託された方はどうするの?

って話です。

親は自分が出来なかったことを
子供を通してみることで

満足かもしれませんけど


子供は それを引き受ける義務はないんです。




でもね、子供には 拒否る力がなさすぎるんです。


そういう意味での昨日のブログで書いた 
10代の子供たちの呟きは重いです。


その抑圧に子供たちが巻き込まれ
また、巻き込まれないように
巻き込まれない自由があるんですからね)
反発することで さらに抑圧者は抑圧をかけ
言うことを聞かせようとした結果

スケープゴードになって自己犠牲したとしても
本人だけの問題とは言い切れない。


その足元にあるものや
根っこにあるものは何?

ってことです。





人は他人の人生まで
背負って生きることはできません。




その親の足元や根っこにあるものは何でしょう?


親も子も 本来の自分を取り戻し 
本質で生きれるようになれたとき

相手の自由も 自分の自由も
受け入れあえるようになるのかもしれません。


親と子は一体ではありません。


人生も同じ道ではありません。


その人が歩く道と 
自分が歩く道は別々ですから。



極論を言えば 先に逝くのも そうです。

自分が生きている間 

子供も生きてて当たり前。

ではないんです。

我が子を亡くしている 
ふじたが言うのも何ですけどね…

此処へたどり着くまでに相当色々大変でした。

もがいて 
怒って 
投げて…

っていうね…^^;


こんなことは言われなくとも…
でしょうけれど・・・^^;








ちょっと今日は 昨日のブログで
書かずに止めていたことを書いてみました。


根っこにあるものは 
皆それぞれ違うだろうけれど…


子供を常に自分の目の届く範囲、近くに置くことで 
お互いの根っこが絡まってしまい 
どちらも共倒れするかもしれません。


距離を置き 
自分の足元にしっかりと根を生やせるように
してあげたいものです。


サンサンと輝く太陽を浴びれるように。

土を潤す雨にも当たれるように。

空から舞い降りる風にも当たれるように。



今日は

「他人の人生まで生きれませぬ。
生きれるのは自分の人生だけですぞ!!
巻き込まれたらアカンぜよ!

って話でした。

ちょっと暗号化しすぎたかなぁ~~~

分かり辛かったらお許しを・・・

 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

 

 子供たちへのサポートは言葉一つ一つが大事ですね。昨日のブログの追記です。


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^