ママだって外食したい!! ~♫私の♡はチクチクしちゃうのぉ♪~ キューティーハニーか!!

アメブロ過去記事4月28日投稿記事より…

 

♫いやよ!いやよ!いやよ 見つめちゃいや~~
ハニークラッシュ!!♫






あ…おふざけが過ぎました^^;



今日は 胸がチクチクしちゃったお話です^^;


誰の胸?


はい、ふじたの胸です^^;


最近隠れ家的なカフェを
アシスタントさんから教えてもらいまして、、、
そのカフェによく行きます。

お店のママも おっとりしてて やさしくて 
穏やかなので 癒されます。

そのお店では いつも チャイ をいただきます。


普段は 別の物を頼みますが 
このお店でいただいた チャイ は 
美味しくて クセになっちゃいました(笑)

(食品一つ一つにもこだわって使用されている所が
                  ステキ^^)



そのお店は 時々 
小さなお子様を連れた ママもやってきます。

そして お年寄りも やってきます。

老若男女が来やすいお店なんですね。

お年寄りの方は ほぼ毎日のようで 
ふじたが行くと 必ず同じメンバーに出会います。

最近では顔なじみになって 
挨拶したり 言葉を交わしたりして席に着きます^^




さて 前置きが長くなりました。

今日のブログに登場する 

小さなお子様連れのママ。

美味しいランチをしにいらしたようです^^

上の子がまだ3歳くらいかな。下の子は1歳半くらい。

お店に入ると お姉ちゃん 
同じ席には付きたがりません。
カウンターへ座りたいようです。

ママさん、その時点で ちょっとイラツキ顔です(^^ゞ

でも、「あそ、じゃぁ、そこへ座ってなさい。」



おお !(^^)! 許可が出たぞ ^^


そして、注文した食事が届くまでの待ち時間 
絵本を下の子に読み聞かせ。

すると お姉ちゃん寄ってきます^^ 
でも ママは お姉ちゃんにも
一緒に読み聞かせを続けます。

すると サラダが先に来ましたよ^^


ママは 自分の分は後回しにして 
先に下の子に少し食べれる分を
お口に運んだりしながら 抱っこしてます。

そこへ お姉ちゃんが 
お店のママがカウンターに置いてくれた
サラダを持って やってきました。



ママさん…
「ダメ!自分で向こうで食べなさい! 
あなた ”カウンターで食べる” 
って言ったでしょう!!」


あ…雲行きが怪しい…ヤバイ…ふじた 焦る…


・・・なぜに???(苦笑)


でも、お姉ちゃんは やっぱり 
ママのところで食べたくなっちゃいました。



で、 仕方なくママ 許可  (ふぅ~~!)

温かい食事も そこへ届き始めますが…


お店のママが お姉ちゃん用に 
小さい器を用意してくれて 
その器で気良く食べていたけれど 
数回その器をフォークごと床へ落としてしまいます。

そして そのたびに お店のママに言って
新しい器とフォークに取り換えてもらい 
怒るのをこらえるママ。

しかし、今度は お姉ちゃん、
自分用に用意してもらった 器の色が

気に入らない

と言い出します。


それでも 怒らずに おねえちゃんに

「自分でお店の人に言いに行きなさい。」

と言うと、言いに行きました。


「むらちゃきがいい・・・」

お店のママ…
「はいはい^^どうぞ^^」


すると今度は下の子が 

「ママ シーシー・・・」




おしっこです・・・



ママ 慌てて トイレへ連れて行きました。







ふじたは その時 ブログの下書きしてたんです。


その様子は 耳に入ってきてて 
目にしたわけではないのですが・・・ 
ママの表情は 声のトーンで なんとなく。。。
なんとなく 察しがついてました。


さて、 トイレから戻ってくると 
お姉ちゃんが ママに 何か 話してます。


ここ、良く聞こえなかったんですけど
どうやら ママが居ない間に 
お水を 床にこぼした上に 
食べ物も 落としてたんですね…




ママ とうとう 切れちゃいました。


「もぉ!なにやってんのあんた!信じらんない!!」


これ以上は セリフは書きませんが…






何時ものメンバーの お年寄りの方たちは 
最初 優しく声をかけてたんですけどね…


自分のお孫さんよりも小さい子供の年齢ですし 
いつも お店に来る小さな子供 どの子にも
可愛がって 優しく声をかけておられます。


でも、 そのメンバーたちも 
この時点で固まっちゃいました。





さて、ここまで読まれてきた中には

無理に小さい子供がいるのに 
二人の子供を連れてランチしに来ることないやろう。


家でゆっくり食べたらええのに・・・


そう感じる人もいるかもしれませんね。




もしかしたら このママさんは 
初めてのチャレンジだったかもしれません。

これくらい大きくなれば 外で食事できるかも。

そう思って連れてこられたのかもしれません。


いえいえ


もしかしたら 

このところ育児に煮詰まっていて

気分転換にと 外食に来られたのかもしれません。





子供が小さい時期は 特に、外食は 困難です。


たまには 美味しい食事がしたいと思っても 
ぐずぐず言って周りに迷惑掛けるかもしれないと思うと
なかなか出かけられません。



でも 普段 頑張ってる自分に 
たまには ご褒美を上げたい。




そう思って 来たけれど・・・






結局 その ママは 温かい食事ではなく 
冷め切ってしまった 食事を 

さささ ・・・

っと口に詰め込んで お店のママさんに 謝って 
お店をあとにされました。




色んな 感情を 胸に抑え込んで 
行かれたかもしれません。



見てるふじたが 自分の胸が チクチクしたのは 
自分も子供が小さい時期に 
外食したくて たまらんかったから(笑)

でも、イザお出かけするために
子供連れて家を出るとなると 
子供の荷物がとても多くて 大変。

着替えや ミルク 飲み物 おむつ 
おしりふき タオル etc・・・



まず 
子供たちをチャイルドシートに乗せて
荷物を車に乗せて
ベビーカーも乗せて。


大変でしたね…



ママがイライラしてると 
周りの人たちは 声がけしにくいもんです。

それは 今 何を言っても 
母親の気持ちが一杯一杯で
自分を責めていることを察するから。


だから、いつものメンバーさんたちは 

「あの時期は 私らも しんどかったもんなぁ~」

って あの親子が居なくなったあとの 
静けさが漂う空気の中で 
お話されてたのが印象的でした。

そして、その瞬間は 皆が

ホッ・・・

っと和んだ瞬間でもありました。





私たちは 知っています。

本当は ママたちは 日々奮闘している。

ということね。

中身は知らんけれど 
でも、 
不安と闘っているということ 

知っています。


子育て経験のある あなたも・・・

ですよね?(^.^)




今日は
「ママだって外食したい!!・・・」
ってお話でした。

ママはいつも奮闘中~~~~!!


本日のアメブロ記事・・・