2014年

7月

04日

たらねばならぬ?・・・邪魔!!!邪魔!邪魔!邪魔!あ…怒ってないからね^^;

アメブロ過去記事4月29日投稿記事より…

 

本日のカテゴリー
夫婦・恋人

うーん。。。でも 
親・子育て 
でもあるんだよなぁ~~~^^;

本日のお題

たらねばならぬ?・・・邪魔!!!
邪魔!邪魔!邪魔!
あ…怒ってないからね^^;」


あはは~^^ホントは 怒ってるかも(笑)



誰ですか
この時点で ブログ読むの止めようとしている人は…


嘘です(笑)


しんどくなったら 速攻で逃げてくださいね~~~




たらねばならぬ・・・・



例えば。


母親なんだから 自分が熱あろうが  しんどかろうが
子供のために家事・育児は最低限のことだけでも
こなすべき。 

(夫は何もしないのか?)


母親なんだから 子供が小さいうちは 
大きくなるまでの数年の辛抱だから 
自分のやりたいことは一切我慢して 
子供たためだけに子供としっかり過ごしてあげるべき。

(子育ては 女だけでしなければいけないのか?)



母親なんだから夫の仕事のサポートをしっかりしつつ 
家族のために身を粉にするのが良妻賢母の姿である。

(では 良夫賢男 て言葉はなぜないのか?)


母親なんだから もし どうしても 
自分のやりたいことがあって 
それを行使するのであれば その代り 
家事も育児も完璧にこなすべき。

(誰がそんなこと言ったのか?
そして その姿は誰から教え込まれた姿なのか?)


女は 男に比べて どれだけ働いても 
お給料は少ないのだから 夫を大事にするべきであり 
夫に自分がやりたいことを行使するために
迷惑をかけてはいけない。

(そもそも世の中の社会が 
そういう仕組みになっているのであって 
多くの女性はそれを強いられてきている。
女性が悪いのでもなければ
女性の能力が低いからでもない。
まして女性がそれだけ労力が低いからでもない。

女性の方が
世の中を支えている存在である場面もある。
なぜなら
子供を産み育てること自体が 
この日本を支えているということなのだから。
また、女性で起業し稼ぎを出している方もいるが
皆が皆できるわけではない。
できない人が悪いのでは決してない。


もし好きなことをするならば 
それなりのお給料や 
稼ぎがでるようになってからにするべき。

(どこまで上から目線なんだ。
これも、いつ 仕込まれた姿なのか?)




ちょっと過激だったかな?



女性は 結婚したら 子供ができる人もいます。

そして 仕事をしていた人は
産休をとって 復帰する権利があります。

でも、ここで 色んな問題が浮上します。

復帰するにあたり 
誰が保育園へ連れて行き
誰がお迎えに行くのか?


これ、助けがある人は 
おばあちゃんや おじいちゃんにお願いできる人も
いるかもしれません。

もし その助けがない人は 
まずは 母親でしょう?
保育園までの送迎。

理解あるご主人であれば 
朝、会社へ行く前に子供を保育園へ
連れて行ってくれる人もいるかもしれません。


男性によっては 
ここで 
こんな言葉を吐く人もいるかもしれません。


「俺の方が 稼ぎがええんや。 
お前の仕事なんか 俺の仕事に比べたら
責任も低いやろ?
お前がそんなんすべきであって 
なんで俺がせなあかんねん? 」



さらに   


「だったら 俺より稼いで来てみろや!」

(その前に あんた一人の稼ぎで食わせられないから
共稼ぎなんじゃないの?
であれば 対等であるべきじゃろ?)

※もし、共稼ぎでなければ食べていけない場合ですけどね…
でなかったとしても 常に女が家庭の家族の犠牲になる必要は
全くありゃしません!!





最悪だわ・・・





離婚の二文字が浮かぶ瞬間ですね^^;





この男性のこの言葉。


一体どこから来たんですかね?


もうお分かりですよね?




これが 刷り込み、思い込みのなせる業 (笑)


最初に、この考えを入れ知恵したのは
どこのどなたでしょう?




もし この世の中に 

常識 

っていう物が 一切なかったら    



どうします?



何します?




憎い人を殺しに行きますか?


だって 
人殺しは悪いことって言う常識ないんですもん・・・・






どうします?





もし 

常識 

がなかったら 自分で考えるでしょう?


考えて 行動するでしょう?



常識に囚われないでしょう?






巻き込まれないでくださいね。


誰かが さも 正しいと思い込まされてきた考えに。

そして それが まるで 
あなたの考えであるかのように 
思い込まされてしまわないように。


でないと 下手したら

あなたから 自由を 
奪っていくかも知れないからです。

あなたから あなたの人生までも 
奪っていくかも知れないからです。


恐いやろぉ~~~


恐ろしいやろぉ~~~




だから、巻き込まれないでね。


これ、ふじたの口癖^^



そりゃね、相手がある場合もあるでしょう。

その場合出てくるのが 交渉 でしょ。



この交渉でも 互いの自由を 尊重しつつ。

これムズイ。


だからこそ、そのために

まずは 自分が 自由に なってくれい!!


それが先なんですよ。


まずは 自分。


これが分からんと 先へは進めませんがな^^


ってことで 今日のブログは

「たらねばならぬ?・・・邪魔!!!
邪魔!邪魔!邪魔!」

って話でした^^


ちょっと痛かったかも~~~~~^^;

 

 

 

本日のアメブロ記事・・・