恥ずかしい?…ですか?

アメブロ過去記事5月7日投稿記事より・・・

 

このゴールデンウィーク中、バタバタしておりました。

でね、何も確認せずに
いつも通りの日常をこなしてたら…


あ=====ってことが起きるんですね(笑)


今日は「恥ずかしい?…ですか?」


ってお話です。




ふじた家の朝はいつぞやにも書きましたが
玄関をほうきではいて、水打ちして
雑巾で門とかインターフォンとか
メールボックスなんぞ拭いて
玄関内のたたきを 水拭きします。

で、ごみ出しです^^

先週はバタバタしてて
掃き掃除ができていなかったので
早起きして張り切ってゴミ出しをやったんですね。


で 枯葉を塵取りで取って 
ゴミ袋にれて
ご機嫌うるわしゅ~~^^
ゴミステーションへと向かいました^^

生駒山が目の前にそびえたっていて
気持ちいいお天気^^

♫ルンルランラ ルンルランラ♫


で、ステーションまで来てハタと固まった…


ネットが。。。おおわれていない。

誰もゴミをこの時間になっても(6時過ぎ)
出していないことは たまにはある。
でもネットはおおわれている。
なぜならゴミ当番さんが用意してくれてるからね
前夜の内に。。。

つまり、。。。

ってことは・・・


ああ、そうやったわ
お正月とゴールデンウィークは確か
収集なかった日があった気がする…


とにかくもう一度自宅へゴミ袋を抱えたまま持ち帰って
ゴミカレンダーを確認すると…


ああ、やっぱり^^;


とほほ~~~~


仕方ない。
これをもう一度大きなゴミ箱に入れる気になれず
庭の端っこに設置している物置へ押し込んだ(笑)



ゴミステーションから自宅までの距離
約50メートルくらい。

何台の住宅の方の車とすれ違ったかな?(笑)





玄関周りを掃き掃除してるとき
きっと近所の人見てたんちゃうかな(恥)





って思います?(笑)


っていうか 多くの人はこんな風に思うかもね。


よく本なんかでありますよね?

人は自分が気にしているほどあなたを見てはいない。

とかね。

で、これ読んで そうか 気にしなくていいんだ^^

って思えますかね(笑)


少なくとも ふじたには 思えないんだわね…



子供が何か失敗やらかしたとき
もしかしたら 大人たちは 

「周りの人に笑われるで!!」

って言っちゃっったりして^^;

その刷り込みから 
もう絶対私は皆から

こう思われたに違いない~~~~~

ってなって

恥ずかしい~~~~ってなる。


そこから立ち上がれないほど引っこんじゃいます。


Oh~No!!


さて、ここである方のブログを紹介したいと思います。

不藤さんのブログです。

「いじめられっこと海」

不藤さんは主に
「虐待・いじめ・DV」について書いておられます。
モラハラゲートキーパーです^^


こちらのブログ内に


過去や未来に目を向けず
今だけを見つめていれば
余計なモノは見なくて済む

と書かれています。

真人さんなんかは

「寂しさと正面から向き合ったら…」

のなかで

僕は妻や子どもたちと一緒にいるときも、
ほかの人たちと仕事をしたり
酒を飲んだりするときも、

自分が “独りであること” を忘れることがない。

と言っておられます^^




ここで ふじたの今回の話に戻りますね。


不藤さんの言葉とピタっとハマる^^

余計なモノは見ないで済むんですね。

で、真人さんが言うところの

この”独りである状態”は絶対的なものであり、
その中には誰も立ち入ることが出来ない。



のです。


だからこそ、「自由」なんですね^^



夫が起きてきて事の次第を話したのですが
笑いながら

「いやいや~~
向かいの奥さん見てはったかも知れへんで~~

”あ!ふじたさん アホや^^ 
掃除してゴミ出ししよとしてるわ~~”

とか何とか言うて笑ってたかも~~~」


夫は真剣に言ってません^^念のため^^

私にこう言って からかうことが好きな人なんで(笑)


ですが、以前の私なら落ち込んで

「ええ~~~そうかなぁ?そう思われたやろか?
どないしよぉ~~恥ずかしい・・・
もう外に出れやん・・・」


とまではいかずとも・・・
まぁ、夫が言ったことを真に受けてですね(笑)


もう (笑) しかないわ今日は・・・(笑)


ってわけで、 さら~~~っとこの事件は
解決(これ解決か?)したのでありました^^



今日は

「恥かしい?ですか…?」

ってお話でした。



大人は子供に悪気もなく脅したりしがちですね。

そして傷つけたりする気もないのだけれど…

そのやり方で正しいって思わされてる。

子供を傷つけるとか

自分も子供時代傷ついたとか

そんなこと思っちゃいけないって。

無意識に思ってるのかもしれません。


子供が受ける傷なんてたいしたことないわ。



けど、大人になった自分は
確かに毎日がサバイバルで
受ける傷も大きい。

子供と比べたら比じゃない。



けれど、傷には大きいも小さいも実際はないんだよね…



その人が受けることだから…



さて、それでも生きていかねばなりませぬ。


私等は その傷を抱えながらも 
だったらどうこの先生きていけばいいか。

何を感じ 何に取り組めばいいか。


いいえ、

もしかしたら 取り組めないときもあってもいい。



その時が来たら、その時がその時なんですね^^


長くなりました^^

ちょっとわかりにくかったかなぁ~~~^^;

 

 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

 自分と向き合うための講座の紹介です。