2014年

7月

31日

怒り→(震え)笑い→涙→スッキリ~~~回復のプロセスとは。

アメブロ過去記事5月27日投稿記事より…

 

たった今起きた出来事です。

今日もまたプライベート!!


さっきですねぇ~

あ、さっきって言っても今これ読まれてる方は
アップしてすぐじゃない方もおられるだろうから
時間で言えばAM10:30ころです。

ふじたは少々怒り気味で
JTBをあとにしました(笑)

実はですね
今日の午前のカウンセリングがキャンセルになって
キャンセル待ちの方にも連絡してみたら
その方も都合が悪いということで…

では この空いた時間何するかと考えたら…

そうそう、7月20日のゆうじさん真人さん
トーク対決に行くのに新幹線の切符を
取りに行こうと思い立った。


はい、もうこの時点で新幹線をよく使う方なら
何が起こったかお分かりですよね?


でね、30分かけて車でJTBまで
鼻歌交じりにドライブ♫ドライブ♫

到着したらすでにお客さん一杯…

なので待ちカードを取って
スマホでFB見たりして待つこと30分。

で、順番が来て呼ばれて 「ご旅行ですか?」

と聞かれて 「いえ、新幹線の切符の手配を…」

「かしこまりました。
では、こちらにご記入願います」

と手渡されて、日付を口にすると…

「お客様、申し訳ございません。
一か月前からでないと手配ができないんです…」

「…?はい?何で?早割ないの?」

「ああ、、、申し訳ございません。
それはもう なくなってしまいまして…」

「…え?いつ??いつなくなったの?」


っと詰め寄るふじた(笑)


「って、あなたに言っても仕方ないんだよね^^
ハイ分かりました。
ではまた6月20日以降に来ますね。」

と退店・・・





もう、怒れて怒れて

腹立って腹立って。

ここまで往復1時間。

さらに待つこと30分でっせ?



車に乗りながら、何を思ったか?






まずね、自分は誰に怒ってるのか。。。


これ、分かりますよね?

JTBじゃないですよ?(笑)


はい、自分なんですね。


で、自分に対して
なんでもっとしっかりと調べなかったのか?

なんで急いだのか。

午前中キャンセルになって
午後のカウンセリングは14時半からである。

確認色々してからでも遅くはなかった。

(ここで、大事なのは
自分に対して怒ってはいるけれど
攻めているわけではない。
・・・っと言うことです。)


いやぁ~新幹線内の席が窓側がいい。

とか

できれば最後尾がいい。

とかね、もくろんじゃったのね。





「あらぁ~ごめんなさいねぇ~ちいちゃん。
余計な時間使わせちゃったわねぇ~~
じゃぁ、今から
お気に入りのカフェにでも行きましょか?」

って声かけて
よしよし^^って自分でやってあげたんね。

(で、今 お気に入りのカフェからです^^)



で、そのあと 何が起こったか?




笑いです。


ひとりでに勝手に出てくる笑いです。


この笑いがしばらく続くんですね。


はい、結構長い(笑)




次に何が起こるかっていうと…

涙です。


勝手に涙が出ますね~~~

哀しみの涙じゃないですよ~~^^



笑い泣きです。








これが
人に起こる回復までのプロセスだったりします。





人は結構ええもの持ってます。



怒り
笑い

(この汗にも冷たい汗と温かい汗とあります。)
哀しみ

あくび

これが、生まれたばかりの赤ちゃんたちが
自然に出す自分癒しの回復のための道具たちです。


こういったプロセスが
話してる最中に自然に起こると
スッキリするかもしれないですね^^




カウンセリングしてると
頭痛がしたりすることがあります。

これは、自然に起きる心の動きを
必死で止めようとするときに起こったりします。


クライアントさんが
ふじたの前で話してる最中に涙が勝手に出る。

でも、自分の意思は泣きたくない、止めたい!

…って思ってる。

けど、心はそうはいかない。

止めようとすればするほど あふれる涙。


信頼していないのに
まだ信頼しきれていないのに
なんでお前は泣くんだ!!

って自分に言ってるのかもしれませんね…


それだけ、傷ついてるから…
そうやすやすと人を信頼するもんじゃないと・・・
そう言って自分に言い聞かせてきてるのに
なんで泣くんだぁ~~~~ってね。

って言いながらも
思いながらも
カウンセリングに来てくださってるんだけれどね…


そういうクライアントさんが
ふじたはとても大切な人に思えて
ならないんですけどね…


限られた時間の中で関わる

一対一の関係。

私とクライアントさんの大切な時間。
共有させていただく大切な時間です。




今回はふじたが一人で自分と帰り道に向き合って
起きた出来事でしたが
多分、カウンセラーと向き合ったら
もっと違うことが起きるでしょう。

恐らく汗も出るだろうし
震えもしっかり起きるでしょう。

それは、昨日のブログでも書いた通り
ただ、そこに居てくれるだけの存在のありがたさ。

その価値は本当に大きいのです。


あ、宣伝じゃないっすよ?

これ、事実です。

で、受けた方ならお分かりでしょう・・・

ただ、ここまでのプロセス通りに
皆が皆 起きるわけじゃないです。

ふじたの仲間内のカウンセラー同志だと
結構激しいのが起こります^^;


それは、一人一人出方が違って
当たり前だからね。

テキスト通り。
教科書通り。



そんなの ないですから^^


さてと…今日もまたプライベートから

「怒り→(震え)笑い→涙→スッキリ~~~
回復のプロセスとは。」

についてでした^^


よくよく考えてみたら…

これ、・・・

幼い子どもたち、自然にやってるでしょ?^^

彼らは、すごいよね…

大人になるにつれて自分で回復するプロセスを
抑制されちゃうもんね…


いいお手本がそこに…


と言っても ふじたさん

私、出来ないんですけど…


はい^^
そんでもええよ。

私は 出来なければいけません!

なんて言わんからね^^

 

 

本日のアメブロ記事…

 抑圧者(例えば、親・上司)は実は孤独である。傷を擦り付けたって何も解決しないんだけどね…


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^