2014年

8月

08日

事情があって、我が子に当たり前に会えない あなたへ。これ自分への抑圧だね…

アメブロ過去記事6月5日投稿記事より…

 

今日は独り言です。

「事情があって
我が子に当たり前に会えない あなたへ。
        これ自分への抑圧だね…」


お題の通り
我が子に会いたくても会えない人、居ますね…


我が子に会いたくても会えない人は
自分の息が止まるほどの苦しさです。

ここで、「事情」の中身はさておき…



子供を置いてきた
または
置いていくように抑圧を掛けられた場合
罪悪感から
自分の人生を歩けなくなってしまうこともあるでしょう。


自分は楽しんじゃいけない。
自分は笑っちゃいけない。
自分は伸び伸びしてちゃいけない。
自分は好きなことしてちゃいけない。

そして何より

子供に会いたくても会っちゃいけない。





例えば

パートナーの親からの呪縛によって
パートナーが自分の人生を生きていない場合

周りの人間も巻き込まれてしまいます。



だからこそ
その渦に巻き込まれ続けるのは嫌で
脱出したにも関わらず
渦から脱出を図ってもまだ、呪縛を入れ込もうとし

あなたを苦しめる。





そもそも、呪縛を入れ込んでくる人は
本当は一番自分に怒ってるんですよ。

でも、そこに気が付きたくないので
今 目の前にいる擦り付けやすい相手に
擦り付けてくるんですね。

なので、その相手が居なくなると悔しいので
逃げたとしても

「自分の手のひらからは逃げれないぞ」

と言わんばかりに あなたに呪縛を仕込んで
この先、自分の人生を生きれなくするために

傷を擦り付けてきます。






例えば

子供には会えなくする。






これ仕込むことで
自分の怒りを離れていても
延々とあなたに擦り付け続けることが
出来るからね…







さて、この呪縛や傷を擦り付けている人。

それでスッキリしてるんでしょうか?








してないです。





だって、怒りの矛先が、本丸が 違うもの。




本当に怒ってるのは誰に対してなのか。


分かっていないから
いつまでたっても怒ってるし
スッキリしないんです。







あなたは、こんな人からの呪縛によって
罪悪感を持たされ
自分の人生を生きれなくされることはないんです。



繰り返しますが
我が子に会えないということは
呼吸を止められることと同じくらい苦しいことです。

親も子も会いたいと思っているのに
会えなくしたり
メールさえできなくしたりする権限は

誰にもありません。





それでも、ふじたさん、そうは言っても
会いに行けないんですよ!!



はい。


そうですね。


そんなあなたも、怒ってますよね…(痛いね…)





さて、あなたは 本当は どうしたいの?



会いたいに決まってるでしょ!!



あ、はい、 そうでしたね^^;







今日は ゆうじさん風に〆てみました。





人は自分に対して
沢山抑圧かけちゃったりしてるもんです。

だから、人を許せなかったり

だから、自分に相手の怒りの火の粉を
かぶらされたりするんですね…





もっと自由に


もっと伸び伸び


できたら、良いね…




今日は

「事情があって
我が子に当たり前に会えない あなたへ。
        これ自分への抑圧だね…」

ってお話でした。

親子を引き裂く権限は誰にもないんだけどなぁ~~~
 
あ、これ あくまでも 独り言・・・ですからね^^


ではでは~~~(ってなんで文字ちっこなってんねん!!(笑))

 

 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

 ミラーニューロンがあなたを救う?親子も夫婦も人間関係もすべて繋がってる問題ですね…

 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^