何のために生まれてきたんか? 

アメブロ過去記事7月11日投稿記事より…

 

時には 絵本の中でも子供に…と言うより…
大人へ送りたい絵本もあります。

今日は

自己否定
自己肯定感が低い
存在不安
自己価値観
見捨てられ不安

色々な課題を背負った大人たちに
送りたい絵本の紹介です。

たいせつな きみ マックス・ルケード  
セルジオ・マルティネ/絵 ホーバード・豊子/訳


主人公は木でできた小人 「パンチネロ」
彼が住む村では皆で
褒めたい人には お星さまシール
けなしたい人にはダメ印シール
お互いの体に貼りっこするのが流行っていました。

彼は何をやってもダメ印シール貼られてしまい
失敗を恐れ 家の中に閉じこもるようになります。

そんなある日 全くシールを体に貼られていない
不思議な女の子と出会います…




人はこの世に「おぎゃ~」と泣いて生まれてくるのは

「苦労をすることを知っているからだ」

と誰かが言ってました^^;



っま、それは事実かどうかはともかく…

生まれてきたときには すでに
親や そのまた親 先祖代々受け継いできた課題を
背負わされて生まれてきているかもしれません。

こんなことを言うと苦しいね^^;

でも、その課題を自分の代で
宇宙のかなたに捨てて

「自分のために自分の人生を生きる」

と決めることもできます。


誰かに認められるためではない。
誰かに愛されるためでもない。


自分を自分が認めてあげて
自分が自分を許してあげて
自分が自分を大切にしてあげて
自分が自分を愛してあげればいいんです。

自分の人生を生きる。


母親だから、主婦だから、収入がないから、


だから なんでしょう?

ジャッジを入れ込んでいるのは誰でしょう?

コントロールという枠から出ないように
失敗を恐れているのは誰でしょう?



そして、そこに居ることで 安全を得て
その代り何かを犠牲にし
我慢することを選んでいるのは誰でしょう…



あなたは

自分の人生を生きるために
生まれてきているのです。

あなたは
この先の人生死ぬまでにどう生きたいのか。

死ぬ瞬間

自分の人生を生き切った

と思って死ねるのか。




そして、それは

あなたの子供たちも同じです。

あなたが 自分の人生を生きていないと

あなたの子供たちも
自分の人生を生きれずに
死ぬことになるかもしれません。


あなたは その為に
我が子を産んだのでしょうか…




すんません
最後が厳しくなってしまいましたm(__)m

苦しくなった方がおられたらお許しを…



たいせつな きみ 


自分癒しに一冊…

いかがでしょう^^

もちろん 読み聞かせにもお勧めですよ^^
ふじたも、この本は 子供たちに
何度も読んだ本の一冊です…

 

 

 

本日のアメブロ記事…

 

 親が悪い?子供が悪い? いえいえ本当は誰も悪くない?ええい!どれでもええわい!"(-""-)"


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^