期待。 親が我が子に期待する。これは…「邪」です!! 出た!久々の「邪!!」(笑)

アメブロ過去記事7月15日投稿記事より…

 

今日のお題

「期待。 親が我が子に期待する。
これは…「邪」です!!
出た!久々の「邪!!」(笑)」



出ましたねぇ~~~(笑)

久々の「邪!!」(笑)

最近この文字を使わなくなってたんですけどね、、、



この「期待」についてはですね…
今までにも何回も何回も
ブログで書いては来てるんですよね…


10代のしゃべり場なんかをクローズでやると
必ずこの 「親からの期待が嫌だ!!」
がダントツ一位に輝きます(笑)


もう、ピッカピカに輝いてますよ…


親がよく勘違いすることの中に

「期待されない子供は悲しい」 です。

だから

「期待しているよ^^」

って言ってやらないと
子供は頑張らない。

…と思い込んでいる…


これはねぇ~~ちょっと痛い大人です…


子供たちは、期待されることで
やる気を失います。

それが自分のしたいことであればまだしも…


それでも、仮にそれが
自分のしたいことであったとしても
期待されることで
自分がやりたかったはずのことなのに…

「期待しているよ」

と言ってきた大人に
やる気ごと奪われてしまった気がしてしまいます。




ちょっとここで
「勝手な期待」について書いてみますね…

例えば


嫁に対して
「跡継ぎを産まなければ嫁だと認めん!!」

とかね…

(これ女性に対する酷い抑圧です。)

で、赤ちゃんが仮に授かったとしましょう…

でも、その生まれてきた子供が
例え 男の子だったとしても…


その子を
「跡継ぎ」
って決めること自体 残酷ってもんでしょう?

(そもそも、この子が跡を継がなければいけないのは
この子の宿命、運命だから受け入れるしかないのだ…
って思わされているとしたら…

それは違います。

運命も、宿命もこの場合はない。
いかようにも本人が変えれるし
いかようにも周りもサポートできるはずなんです。

もし周りがサポートできないとしたら
周りはその子に傷を擦り付けている状態だ。

と言うことです。
それについてこの後書いていきますね。)



その子が大きくなって 跡を継ぐ、跡を継ぎたい。
そう申し出たのであれば話は別です。


でも、その子が大きくなって将来のことを想った時
跡を継ぐより他にやりたいことが見つかった時
それを応援できる大人が
一体その子に対して何人いるんでしょう…


それって、あれでしょ?

周りに居る大人たちはさ、結局のところ

何かに囚われ
何かに縛られ
何かを恐れ
何かに操られているからこそ
自分の人生を生きれずに来たので
その子が後を継いで当たり前
跡を継がないなんて論外だ。

と決めつけている。


自分の人生を生きれなかったその周りの大人たちは
本当は自分に怒っているんじゃん?

自分の人生を生きれなかった自分がここにいるのに
お前は自分の人生を生きると言うのか?
バカヤロー~~~~~



です。



何 誤魔化してんですか?

あんたが自分の人生を生きれなかったのは
あんたの責任でしょう?
ボケッ!



これ、子供たちの気持ちを言葉にした場合
多分こんなことを思うんでしょう…

ちょっと意地悪ですね(>_<)

あ、いえ、親御さんを責めてるわけではあません。

だって、あの時代、歯向かえなかった背景も
そりゃぁ~あったでしょう…



昨日ですね・・・

あんさんが こんなブログを書いておられました^^

「アダルトチルドレン 家族の心配より 自分が幸せになることからはじめましょう」


そして 真人さんのブログ

「自分の選択に罪悪感を覚えなくていい」



ええブログです^^
コメントにも書かせていただきましたけれど…
もう最高です^^

読んで見られたら分かります。


いつも ふじたは言いますよね?

親が自分の人生を生きていないと
子供も
「自分の人生を生きてもいいんだ。」

と思えない。


だから 親が自分の人生をまず生きなきゃ!!


自分が自分の人生を生きていないから
自分の人生なのに放棄しているから

子供に嫉妬する。


又は 子供に自分が成し遂げられなかった人生を
生きさせようとする。




あなたは
子供に自分の人生を生きさせなくするために
子供を生んだんですか?


って話になりますよ?




生まれながらにして 背負わされている
父親と母親の先祖代々引き継がれてきた呪縛達を
儀式のごとく、当たり前に背負わせなくても
この自分の代でその荷物を

「背負わなくてもいいんだよ」

と言ってあげることもできます。

その選択もできるんです。


背負うこと以外に
選択種がないわけではありません。



どうか、子供たちに
わけのわからん荷物は
背負わさないでやってほしいのです。


かつて あなたも引き受けてきた荷物たちも
宇宙へ放り投げてしまっても構いません。

なんなら ブラックホールへ(笑)





え?それができたら苦労はしないって??




はい^^;




でしたね^^;






っま、だからね
その荷物を背負わなかったからと言って
呪われるわけじゃないですからね…


それだけは 知っておいてね^^


そんなレベルの低い
次元の低いご先祖たちでは

ないはずです。



「自分の人生を生きて
この体を精一杯自分のために使ってくれ」

と、魂は叫んでおりますよ。

その声に従ってくださいましね^^



恐いでしょうが、はじめの一歩です^^



この呪縛
セッションで取り払うって言うのもいいかもね^^

宣伝じゃないですよ^^

ご自身に合った
カウンセラー
セラピスト
コンサルタントの方を
お探し下さいましね^^





今日は

「期待。 親が我が子に期待する。
これは…「邪」です!!
出た!久々の「邪!!」(笑)」

てお話でした!!



あんさん
真人さん

ありがとございました(≧▽≦)

 

 


本日のアメブロ記事…

 

性差別 母親、母子・父子家庭への抑圧。それでも子供は耐えて生き続けるしかないのです。

 


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^