親から伝えてもらえない人も居るでしょう。関西のおばちゃんから子供達(学生達)へメッセージです^^

アメブロ過去記事7月26日投稿記事より…

 

親は子供に自分の身は
自分で守りきることを必ず伝えてほしい。

それは恥ずかしいことではなく
当たり前で大事なことなんだと伝えてほしい。

今日は過去記事
「熱中症・部活動中「しんどいです」たったこの一言が言えなくて当たり前です!!」
この記事は去年の8月7日に投稿した記事です。

 

 

今こうして読み返してみて思うのは
今のふじたの書き方とは違うなってことですかね…



言いたいことはそれでも同じですけどね。


ただ、今回は実際に親から伝えてもらっていない
学生さんたちに伝えたいかな…





自分の身は自分で守らなくちゃね。

一人一人、その日によって体調は違う物です。

そこで

みんなもやってるんだから自分だけ抜けることは
サボりだと思われるかもしれない。

ズルいと思われるかもしれない。

弱い、根性のない奴だと思われるかもしれない。

そう思うと、つい言えずに頑張ってしまう…

また実際言っても顧問の先生から
あまりいい顔してもらえなかった過去があると
なおさら言いにくいでしょう。


それでも、残酷なようだけど

自分の身は自分で守ってね。



おばちゃんには、そうしか言えないな^^

もし
みんなからどう思われるか恐くてできないとしたら
そのまま無理して
そこに自分は居続けたいのかどうかを
感じてみてくださいね。

そこで辞めることに対して
「自分の根性がない」とか思うのであれば
それは違いますよ?

自分の身を守ることが出来る人は
勇敢な人だと
おばちゃんは思います^^

自分を守ることに根性は関係あるのか?

それよりむしろ

自分を守ることに罪悪感があるのではないか?

そこと向き合って感じてみてくださいね。



関西のおばちゃんが
学生のあなたに言えることはこれくらいかな^^


どうか、自分の命、一つしかない命を大切にしてね。

あなたが頑張って無理してそこに居続けたとしても
そして実際に無理がたたってあなたが倒れたとしても
誰も責任など取ってはくれやしないし
事実取れないんですよ。

あなたの人生を壊したからと言って責任取って
自分の人生をあなたに与えることなど

誰にも出来っこないんです。


自分を大事にしてくださいね…


今日は

「親から伝えてもらえない人も居るでしょう。
関西のおばちゃんから子供達(学生達)へ
             メッセージです^^」

でした^^


今日も暑いね…

皆さま、本当に無理なさいませんように…

 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

 

 親になって避けたこと。 子供との遊び方が分からない… だから一緒には遊べなかった。



ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^