親が子供を育てるのと妻が夫を育てるのは違いますよ?「旦那を上手いこと育てやな~」やかましいわ!

アメブロ過去記事8月2日投稿記事より…

 

「親が子供を育てるのと
妻が夫を育てるのは違いますよ?
「旦那を上手いこと育てやな~」
           やかましいわ!」

はい、本日のお題です↑


応援クリックして頂けると喜びます^^


時々カフェなんかに行くとね、

「旦那をあんたが上手いこと
手のひらの上でコロコロと転がすように
育てやな~~~ 私みたいに!!
理想通りの旦那に仕上げて行くんよ!!」


その場は爆笑し盛り上がっています。


関西のおばさまたちの楽しそうな会話炸裂です^^



これねぇ~~~~


ふじたの個人的主観ですので
お許しくださいましね^^



私は
自分の生い立ちと全く違う
夫の生い立ちがあってね、

また
この二人が生い立ちが違って当たり前である中でね


旦那さんを理想の旦那に育てる


なんて言葉は好きくないんですね…




この言葉は なんておこがましい言葉か…

この言葉は なんて相手に対して失礼な言葉か…

この言葉は なんて上から目線の言葉か…


…って思うんですね。


これ、もう一つ言うならば
相手を自分の思うようにコントロールして
操縦しようとしている行為に近い気がします。


そして、これは子供ができたときにも
似たような行為を子供に対してもしてしまうんですね…



子育ても 旦那育ても 違いますよ。



まして旦那さんはもう年齢がそれだけ行ってるし
育ってるし
大人じゃないですか。


恐らく
自分が今まで生きてきて背負っている傷があるように

旦那さんにも
今迄生きてきた中で背負っている傷があって
その傷と向き合うことなく
今まで生き延びて来られた方なんですよ。

もし、妻が、夫が パートナーに対して

自分の思うような理想のパートナー像になった(^.^)

と思われたなら

それはパートナーのパターンによって
無理やり理想の姿を演じさせているだけのこと。

…かもしれません。

それは
ストレスを相手に対して与え続けていることに
なりかねません。


そのストレス、いつか爆発するかもしれません。


大きな病気になる形で出るか
メンタル系の病気で出るか
はたまた違う形で出るかはわかりませんが…



いつかは
パートナーを本当の意味で
サポートしなおす時が来るかもしれません。

その時になって気がつくのもいいですけど…

しんどいよね…



相手と自分のボーダーをしっかり保つこと。

相手の境界線に踏み込まないこと。

相手の気持ちと自分の気持ちは
必ずしも一致するわけじゃないと言うこと。

そして一致しなかったとしても
それも互いの自由であると言うこと。


覚えておきたいですね。

それは子育ても同じね^^





ここで付け加えておきたいことがあります。


パートナーがDVだったり
一緒に居て不快感を感じたり 苦痛を感じるのに
そのパートナーを

私が何とか立て直さなければ…

って思う関係は危険です。


「それでも
あなたが支え育てなければいけないわよ。」


ってもし誰かに言われたとしても
聴く必要は全くないです。

そう言って来た側の問題です。

自分はそうやって旦那を立て直した。

あなたもそれやるべきよ!

そう言葉の下からあなたに投げつけてる行為です。



聴く必要は全くありません。

洗脳されないでください。


いつも言いますね?

自分を大事にしてください。

自分はどうしたいのかを聞いてあげてください。

ここではこうやるべきよね?


そんな言葉を大事な自分に対して
掛けたりしないであげてください。




今日は

「親が子供を育てるのと
妻が夫を育てるのは違いますよ?
「旦那を上手いこと育てやな~」
         やかましいわ!」

ってお話でした^^



ちょっと今日はいつもと違う内容でした。

これはあくまでも ふじたの主観ですからね。

あ、それと、誤解しないで下さいよ?

関西のおばちゃん限定の話じゃないし
関西のおばちゃん、ええ人多いからね^^;
それに、この会話に悪気はないと思うので^^;


…っていうね、ふじたもしっかり
関西のおばちゃんですけどね~~~

おっほっほ!!

 

 

 

本日のアメブロ記事…

 夫婦関係 親子関係 何が問題でこうなったのか?

 


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^


応援クリックして頂けると喜びます^^


ブログパーツ