実は子供は大人(親、教師)の怒りの根っこを見抜いている…

アメブロ過去記事8月6日投稿記事より…

 

「実は子供は大人(親、教師)の怒りの根っこを
               見抜いている…」

本日のお題です。

応援クリックして頂けると喜びます^^


ちょっと怖いですよね~~~


ふじたは時々10代のしゃべり場を
クローズでやってるんですけどね…
(最近はやってないですけど…(^^ゞ)

10代の多くは学校生活をしているじゃないですか…

いえ、

何らかの事情で学校へ行けなくなってしまった人
行きたくなくなってしまった人も居ますよね…


で、大人が自分たちへ向ける怒りについて
結構冷静に見てんですよね…



男性の教師で、机蹴ったり イス蹴ったりね、

物に当たる教師の話が出たことがあるんです。


うん、結構このタイプはいるみたいで 

「ああ、うちも!」

なんて話が出て盛り上がります…

(ここで盛り上がって
一気に互いの距離が縮まる…っていうね^^;)

で、そういう姿を見たとき、

「あれって 結局自分じゃん。
自分が悪いのに、そこ認めたくないから
私等に怒って誤魔化してんじゃん…」


って声が上がります。


これね、何を言ってるかっていうと…

大人の側のやり方が不味いからこうなってんであって
私等の問題じゃないよね。

って言ってます。



ここ、実はふじたの私生活と仕事ともリンクして

どき!

っとしました。

(これだから10代のしゃべり場は怖い^^;)


自営のふじたは
やり方次第ではどうにでもなるんですよ。

で、一日にこなせる量っていうのには
限りがあるんです。

欲張りしたらキリがないんですよ。

欲張りでやると
必ず自分を大事にし切れなくなる。


去年まではセミナーにもバンバン参加して
依頼があれば全て引き受けてやってたんですけど…

睡眠時間が取れないんですね。

(去年で平均睡眠時間
約3時間取れればいい方でした。)

で、今年になって

ゆったりモード

に切り替えたんです。

無理のない余裕ある人数しか引き受けない。


でないと、自分の体が悲鳴を上げるからね…



やり方を変える。

まず自分があってのこと。


倒れたら元も子もないんですね…






問題は自分の中なんですよね。



ここら辺について
真人さんがこんなブログを書いておられます^^

「見守る責任を引き受ける」

(これ、読まれたら分かりますけど
かなり深い内容ですぞ…)




そしてね 子供たちは それ見抜いてるんですよ。


あれってさ、原因は先生やん。

こう言います。

(子供たちは別に
誰かのせいにしてるわけじゃないんですよ。
とても冷静に見てる。
だから怖いね…)



で、

それってどういうこと?

って引き出すと
とっても具体的に言わはる…^^;



痛いですよぉ~~~~



聞いててとっても痛い!!



だから 若い人って恐い怖い~~~





はい、自戒も込めて…


ふじたも 我が子へ向けて牙をむいてしまうこと
ありますからねぇ~~~



あとで



あ。。。



やっちまった  "(-""-)"




ってなるんですけどね…






今日は
「実は子供は大人(親、教師)の怒りの根っこを
                 見抜いている…」

って話でした^^


まぁ、そうは言うてもな~~~

私等大人も人間やし…

完璧な人なんていないからね…


ええんちゃうの~~~?

「あ、やっちった!(T_T)」

って思うだけマシよ!マシ!!


それについての改善策を
見つけていけばええんよ^^

それが、前進でしょうから…



あ、中心は 自分を大事に!やで!!

自分はそれを
本当にやりたいと思ってるのかどうか!!

やで!!

やりたくもないことを無理してやるから
自分の中のもう一人の自分が

「私を大事にしろぉ~~!!」

って怒りだし
周りに当り散らしてしまうんでないの?

自分にとって 優しく!!

ですぞ !^^!

今日もステキな一日を^^

(必ずそうなるには原因があるんですよね…)

 

本日のアメブロ記事…

 

 今の自分なら、あの当時の自分の子供に対して、もっと別の対応が親として自信を持てできたのに…



ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^


応援クリックして頂けると喜びます^^

ブログパーツ