2014年

10月

23日

感情は抑えない方がいい。 例えば 大切なものを失った時。 ショックなことが起きたとき…

アメブロ過去記事9月9日投稿記事より…

感情は抑えない方がいい。
例えば
大切なものを失った時。
ショックなことが起きたとき…



だからといって、むやみやたらに 例えば

交差点で、コンビニで、レストランで、百貨店で、

感情の波に襲われたとき、
所構わず感情を出していい。

と言ってるんじゃないです。




今日は独り言なので・・・

読み進めるうちに読めなくなった方は
速攻で逃げてくださいね^^

応援クリックして頂けると喜びます^^


ショックなことが自分の身の上に起きた時。

その現実を受け止めることが精一杯です。

いえいえ、

受け止めることもできない人だって居るでしょう…


そんな時、当事者の心はパニックになっています。


パニックだからこそ
放心状態ってこともあるでしょう。。

やらねばならないことを
淡々とこなす その姿から見る限り
第三者から見ると案外冷静に
見えたりすることもあります。

でも、淡々とこなすことで
出来る限り痛みを感じないようにし
崖っぷち精一杯のところで踏ん張っておられる…


実際は


頭の中は、
全く整理がついていません。



もし、この状態が、自分だと仮定してみてください。

仮定した状態のまま
このブログを読んでおられる方は試しに、
出来れば その自分を
少し斜め上から眺めている状態で
観察してみてください。


頭ン中は整理がついていないのに、
日常は無情にも止まることなく流れていきます。

仕事も、育児も、家事も、あります。

それらを
感情に蓋をして淡々とこなしているご自身を
見てみてください。


どう映りますか?

そんなご自身を見て 何を感じますか?

そんな、あなたに あなたなら
なんて声をかけてあげたいですか?




ここからは ふじたの言葉で行きますね。

過去のセッションで出た物なので
うろ覚えですが…




我が子を亡くして
それでも生き続けた。

その後、元気な子供二人にも恵まれたものの
実際はまだ引きずったままです。

家事も、育児も、仕事も、通常通りこなし、
周りに心配を掛けないように、気丈に振る舞い、
泣きたい時は独りの時に誰にも頼ることなく
こっそり泣いていました。

出し切らぬままだからこそ、長引く。
そして怒りも同時に沸く。

メンタル的にもキツイところです。

そんな自分を斜め少し上から観た時…



私は自分に対して
こんな風に感じ こんな風に声がけしました。



「痛々しいです。

抱きしめたいです。

ただ、あなたの傍に居たいです。

別に何もできないけど、

自己満足だけど 傍に居たいです。

感情を抑えないで、
泣きたいだけ泣いていいんです。

周りに心配かけるとか、そんなもん糞くらえです。

静かにでもいいし、大声出してもいい。

とにかく
溢れだす涙を止めようとしないでください。


そしてどうか、もう自分を責めないでください。


あなたが居てくれて、癒され、救われた。

それはお互い様なんですから…」





こんな風に声を掛けました…




(時々カウンセラーで
亡くなった者の言葉を代弁して
クライアントに伝えるやり方をされる方が居ますが…
ふじたの場合は猛反撃しました(笑)

私の場合は
私が私を観たときに
私の中からあふれ出た言葉を
私自身が私に声がけすること。

これが一番合いましたので^^)


これはふじたの場合であって、
人それぞれ違うでしょう。


独りになりたいのに
なれなくて苦しかったなら

「独りになりたいね」

って声がけしてやって下さいまし^^



その自分が欲している言葉を
自分に声かけてやってほしいのです^^





リンク記事

「ご先祖様はお墓にはいない…昨日であったあるおじいちゃんの言葉から…」


だからって、

お墓参りに行くな。

…ってことじゃないんですよ。

人は何か姿があった方がイメージしやすいからね。

そういう意味では
お参りしに行く行為によって
心が落ち着くこともあるでしょう…



ただ、ここで言いたいのは、、、


いつも傍に居るよ…



ってことです。


そして、姿は見れなくなったとしても、
彼らは瞬間移動ができるらしいので…^^

呼んだら直ぐに傍に居てくれています。



見えなくなった分、寂しいけどね…





でも、 傍に居ますとも^^




今日は

「感情は抑えない方がいい。
大切なものを失った時。
ショックなことが起きたとき…」

の言って欲しい
自分への声がけを考えお伝えしてみました。




ちょっと、ふじたにしては珍しく…

シリアス記事でした。




人の命にはどんな立場の人であろうと
必ず等しく最期が訪れます。

だからこそ、

「今 ここ」 を 味わいましょうよ^^

今 この瞬間

楽しければ どきどき ワクワクを感じていい。

哀しければ 哀しんでいい。

怒りたければ 怒ったっていい。



自分の感情を抑えることなく

今 ここ  を感じて ^^


まずご自身に 許可を^^




ちなみに ふじたは 今 怒ってました(笑)


スーパーの
店員め!!

家から持って行った籠に入りきらん商品。

重たいものを籠に収めて
軽いものを袋に入れてくれるようにしてくれたら
よかったのに!!

私に何も確認することなく勝手に重いジュース類6本

袋に入れよった!!


有り得ん!!!




って怒ってました(笑)

あ、もうこれはセッションで落とし込んだので
ご心配なく^^


でなければ書けまへん(笑)



ではでは~~~~




あれ?




最後。。。


シリアスで終われなかった…



あ~あ!!


チャンチャン!

本日のアメブロ記事…

この子嫌だわ…子供を見て親に限らず 先生と呼ばれる人も含めて感じた時 それがある意味チャンスです



ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^

応援クリックして頂けると喜びます^^


ブログパーツ