偽物の愛は廻らない。夫婦・親子。 与え、与えられて廻るもの。 はくさい夫人のようにね…^^

アメブロ過去記事10月17日投稿記事より…

「偽物の愛は廻らない。夫婦・親子。
与え、与えられて廻るもの。
はくさい夫人のようにね…^^」

ふじたの子供達が小学低学年のころに
よく読み聞かせをした絵本を
また引っ張り出して見ました。^^

はくさい夫人とあおむしちゃん (フォレストブックス)/いのちのことば社フォレストブックス
¥1,512
Amazon.co.jp


応援クリックして頂けると喜びます^^

段々肌寒くなってきましたよね^^

そろそろお鍋の季節?^^

お鍋に欠かせないのが はくさい^^


ってことで
「はくさい夫人とあおむしちゃん」
の絵本のご紹介です^^


本当はね 春の絵本なんだけど…

まぁ細かいことはなしにして。




はくさい夫人は、どの はくさい達よりも美しい…


自他ともに認める べっぴんさん です。



ですが、そんな はくさい夫人に
あおむしちゃんたちが まとわりつきます。


美しいはくさい夫人は最後には
穴だらけのドレスになってしまうのですが…


まぁ、ご興味がある方は読んでみてくださいまし^^



「偽物の愛は廻らない。夫婦・親子。
与え与えられて廻るもの。
はくさい夫人のようにね…^^」


この題名ちょっと語弊があるかもしれませんね。

偽物の愛って どんなんですか?


ってね。


そもそも愛に本物と偽物があるのか?



とも 言われそうですね…




何らかの目論見をもって与える愛は 偽物。


って言えば


怒りますかね…^^;


はい、怒っていいですよ^^




では無償の愛ってことか?


って聞かれると、それも違うんですけどね…





与えてばかりでは そりゃ怒りが出ますよね。


当たり前。
 
 
更に
その与えた愛に
何らかの目論見があったりすると
相手から返してくれていたとしても
恐らく気がつかんでしょう?


自分の思った通りの物が返ってこないのだから
逆切れすることはあっても
(この逆切れ自体が
随分身勝手な…って気もしますけどね…^^;)

逆切れだからこそ、
相手から与えられていたとしても…
気がつかんでしょう?

それ、相手に対して
自分が勝手に期待した通りの物を

よこせ!


って言ってるんだよね?





それ






愛かよ?( `ー´)ノ


って話です。







そんな愛をふじたは



偽物






言うてます。





うん、今日のブログ

キツイね。




すいません…




本物の愛は?



相手が欲しているものを知り、
そしてそれを自分も与えることが出来るなら
一致してるからOKですよね。





そして初めて、相手からも返してもらった時
気がつけるんじゃないだろうか…




与えっぱなしじゃないんですよ。






ちょっと話がそれますけどね
うちね、イケメン息子もべっぴん娘も
よく通販で物を買うんですよ。

でね、運送会社によっては
感じが悪い人も居るんです。


時間がない
忙しい
チャイム鳴らしたら はよでてこいや!



そんな怒りを運送会社の人が
私にぶつけてくるんです。

あ、いえいえ表情は笑顔ですけどね…



そんで、先日もイケメン息子が朝学校へ行く前に

「お母さん今日服が届くと思うんやけど…
出れたら出といて。
嫌な人なら出なくていいから。」


ってね、、、
良く分かってるんです。


私は不快な気分にはなりたくないので

「うんわかった。出ないかも(笑)」

って言ってあったんですけどね…

♫ピンポーン♫

来た!

インターフォン越しの
カメラに映っている人を見ると。。。



あれ?違う人だ!

スタコラサッサ!!!



で、出ました(笑)



私が訪問カウンセリングで
家を留守にしている間に帰宅したイケメン息子は
玄関開けるなり
私の帰りを待ち構えていたかのように

「お母さんありがと!これ!!」

届いた服を着て私に見せるために
待っていてくれました^^


「ああ、いいね!
かっこいい!!
似合ってんじゃん^^」

(マジです^^
うちのイケメン息子は
マジで夫と私に似て男前です(笑))





このやり取りの中に
いくつかの一致感と
愛情の交換があって
お互い気分がいい。


届けてくれた運送会社の人が
お母さんが嫌な人なら出なくていい。

…という一致。

いつもの嫌な人ではなかったので出た。

という一致。

帰宅したイケメンが

「やったぁ~!」

となって親に届いた服を着て見せるために待って

「ありがとう」

を返す。




日常で些細なことから私等は
愛情のやり取りをしてるんですけど…

もしかしたら気がつけていないことが
多々あるかもしれませんね…






そんな些細なことから胸が熱くなるようなことまで^^

はくさい夫人の絵本には描かれております。



絵本ってある程度気がつけている人が読むと
深い気付きに更に出会えるかもしれません。



また逆に
まだ、気付きには出会っていなかったとしてもね…

何か感じると思うんです。

ザワザワ感、モヤモヤ感 怒り。


それもOKです。


まずそこから出発したっていいんですよ^^



だってね、


感じるのは 自由 ですからね^^




今日は

「偽物の愛は廻らない。夫婦・親子。
与え与えられて廻るもの。
はくさい夫人のようにね…^^」

ってお話でした。




愛は目に見える物ではないので
なかなか感じにくいかもしれませんね。


表現方法も個々違うしね。



ただ、気を付けてほしいことは、
相手の了解も必要だよ?

ってこと。


いくらね、すんばらしいものでも
受け取る側が必要としていなければ
価値がない
んですね。

だから、これ、重要ね^^



なんでもかんでも
与えればいいってことではないのです。

相手はどうしたいのか。

相手は何を欲しているのか。

これは、本人しかわからないこと。

だから聞いたらええんです^^


え?聞けない?

あ、そぉ?


だったら、まず

あなたが自分を大事にするところから
始めてみましょうか^^

自分を大事にできていないと、他人に対して
心から気を配ることなんて


できないっすよ?

 

 

 

 

 

 

本日のアメブロ記事…

 

 

 国民がバカな国は政治家もバカを選ぶ。ある青年の出した答えです。親子で考えたい問題ですね。

 

 

 

ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^
 
応援クリックして頂けると喜びます^^


ブログパーツ