親子関係 夫婦関係のカウンセリングで セラピーカードはどんな風に使うのか。

アメブロ過去記事11月5日投稿記事より…

「親子関係 夫婦関係のカウンセリングで
セラピーカードはどんな風に使うのか。」


昨日、セラピーカードについて
少し触れたんですけどね。

タロットの未知さん
ふじたのカウンセリングを受けた際に使った
セラピーカードをシェアしてくださっていましたよね…

Skypeやline、℡セッションだと出来ないのが
ちょと残念なんですけどね。
なので、遠方の方でも
月に一回通ってこられる方も多いですね…

滋賀県 大阪 和歌山 兵庫
三重 愛知 兵庫 京都 岐阜
このあたりの方が今のところ
月一のペースで来られています^^



未知さんも大阪なんですけど
通ってくださった方です。


さて、このカード。


例えば

 



シャドーカードです。

簡単に言えば表面上は ええ人。
でも無意識、潜在意識の中に
真逆の自分がいると言うことですかね…^^;


抑え込んでいる分、無意識が苦しんでる。
(でも、これ誰もがあるものだと思いますが…)


さて、セラピーカードをここで引いたとします。

結構色々あるんですけどね、
例えばこういう組み合わせが出たら
今このブログを読んで下さってるあなたは

何を感じるか…


何を思い出すのか?



ちょっと眺めてみてくださいね。




今回選んだカードは
ふじたがあえて出したものです。

実際は クライアントさんが
自分でシャフルして自分で引きます。

なので、そういう意味では
意地悪なカードをふじたが選んだ。


ということでもありますが…^^;



例えば文字カード

 

 「失敗」 



「醜さ」



「自慢する」 

「独り」



「しがみつく」



ここに、絵カードを例えば二枚



それをこんな風に例えば組み合わせる・・・




さて、何感じますかね???

「失敗」カードにこの絵です。

私はこんなに頑張ってるのに。
分かってもらえると思っていたのに…
自己犠牲して みせしめたのに…

子供を産めば
夫は変わってくれると思っていたのに…

この子さえ居なければ…

失敗した…




「独り」カードにこの絵はいかがでしょう?

他人の前ではいい顔して頑張ってる自分を
家に帰ってその仮面を戻している。


結局 人のために頑張ってても私は独りぼっち…

いつも自分は誰かの為に盛り上げ役。

結局自分はいつも孤独…



「醜さ」カードに同じ絵ではいかがでしょう?

あの人を出し抜こうと必死だった自分は…
醜い姿だっただろう…

思い出すと恥ずかしくてゾッとするので、
あの時の自分の顔を
もう二度と同じ過ちをしないために
閉じ込めておく。

外にいるときの自分は嫌い。
だから、せめて家に帰った時は素に戻ろう。



「自慢する」カードとこちらの絵。

私はこんなに一生懸命働いてるの。

あなたの成果に比べたら私の方が上よ!

私ってこんなに不幸!
あなたより不幸よ!



「しがみつく」カードにこちらの絵はいかがでしょう?

過去の栄光。

上手く言っていたあの頃のように
また成功するはず…

どうしても、過去のあのころに執着してしまう。

戻りたい…



「しがみつく」カードにこの絵はいかがでしょう?

こうやって一生懸命にやっていれば
いつかは報われる…


こんなに頑張ってるだから…

子供の為、夫の為 家族のために。







いかがでしたか?

ふじたがここに書いたコメントは
過去にクライアントさんが

この組み合わせが出たときに
感じて言われた言葉たちなので
ふじたの言葉ではないです。

(それぞれのクライアントさんたちには
掲載許可を頂いております。)


ただ、感じ方はそれぞれですから
自分はそうじゃないって人も勿論おられるでしょう。




さて、その出たものが
今のあなたが抱えているものだ。

と言うことになります。




だから、違って当たり前なんです。

背景も経験も違うのですからね…



カウンセリングでは こういったものも使いながら
進めて参ります。


なので、追い詰められたり
無理やり言わされたり
そんなことは一切ないです^^


安心して委ねてくださっていいです。


流れで必要だと直感で感じた物を
ふじたはいくつかの引き出しを使って
クライアントさんに出して参ります。

カードだけではありません。

気学的なことから
カラーボトルから
いくつかの種類のカードから

様々です。


カウンセリングってどんな?

って思っておられる方の
何かの参考になれば幸いです^^


追伸…
ここで出されたものは ふじたが使ってる物であり
どのカウンセラーも使用しているとは限りません。
また、同じものを持っていたとしても
カウンセラーによって使い方は様々だと思います。

カラーボトル一つを取っても
ふじたはカラーボトルを使って
テキスト通りにのみ使用することはありません。

それは、カウンセラーが
個々それぞれに応用を効かせて
幅を広げて活用し

クライアントさんに向けていく。

と言うことでもあります。

そこでまた
新たな発見に巡り合えたりするのですよ^^


今日は

「親子関係 夫婦関係のカウンセリングで
セラピーカードはどんな風に使うのか」

ってお話でした^^



何かの参考になれば幸いです(^^♪


 

 

 

 

 

 

 


ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^