権利 義務 対等 平等 差別 改めて考える。 昨日の続きです。また親子で考えてみたい議題^^;

アメブロ過去記事11月13日投稿記事より…

「権利 義務 対等 平等 差別 改めて考える。
昨日の続きです。また親子で考えてみたい議題^^;」

今日は真夜中の投稿です。
今日明日と県外へ行って勉強会の為
早朝から夜まで家に戻れないので^^;


さて、そんなわけで今日は少し短く(笑)

あ、手抜きちゃいますよ^^

 

 

昨日のブログ

「国民がバカな国は政治家もバカを選ぶ。ある青年の出した答えです。親子で考えたい問題ですね。」

この反響が半端なく…^^;


ふじたは、若い人は知性的だということが言いたくて
青年の言葉を引っ張りだしたんですね。

最初は何も言えず黙ったままだった人が
少しずつ自分の言葉で物が言えるようになる。


仮にその考えが物凄く奇抜だったとしても
とにかく聞いてく。




この青年が発した言葉は
何も人を差別したくて言ったんじゃない。



実はFBのコメントでも
書いてくださった方もおられますが、
もっと公には出来ないような内容を
メッセしてくださった方が数名おられて
世間知らずの ふじたはちょっとビックリxxx


この青年が言いたかったのは差別なんかじゃない。


自分自身が病気で身動きできなかった時期があって
ベットから起き上がれもしなかった時期。

ふと思ったそうで…



まだね、自分は自分の意思を体は動けなくても
伝えることが出来る。

でも、そうじゃない人も居るでしょ?


その人たちにも選挙権が平等にわたるということです。




あのね、うちの義父は自治会の会長やってるのね。
こういう仕事は文句の窓口ね(笑)

たまに、子供体連れて夫の実家へ遊びに行くと
えらい剣幕で怒鳴りに来るおばさんが居たりする。

ふじたは奥に引っ込んでるけど まる聴こえね(笑)


義父は団地の皆が気持ちよく駐輪出来るようにと、
各世帯の自転車置き場に名札を付けた。

怒鳴り込みに来たおばさんのお宅は
障害者の息子さんが居てね…


義父は手作りで一生懸命ワープロで名札を起こして
自治区全世帯の家族分の名札を付けたんだけどね…


「なんで、うちだけ二人分やねん!!」


と怒鳴ってるんです。


つまり 家族分やのに
息子の分がないやないかと…



障害者で自立歩行も出来ないので
自転車には当然乗れない。


でも、親族からすれば

「息子も家族や!勝手に抹殺するな!」


って怒ってるんです。

「平等にやれ!!」



です。




話を戻しますね。






権利、義務、対等、平等、差別、


これらの意味はそれぞれ何でしょうね…




ってちょっと考えてしまったんです。




この自治会の怒鳴ってきたおばさんの気持ち。

義父も確認しなかったのもアカンかったでしょう。




選挙の話に戻すと…



平等 権利 国民の義務

と 

青年が言うところの差別化


彼は自分自身が

意思はあるけど
動けなかった時期があっての発言です。






いえね、だからって、ふじたの立場上
何が正しいとか言えない。

皆、傷持ってるからね…

反応するんだよね…






ちなみにね(笑)



ふじたは この青年から言われたとき、

どき!

としました。


あ、、、あたしのことかしら???



ってね。


おっほっほ!!



今日は

「権利 義務 対等 平等 差別 改めて考える。
昨日の続きです。また親子で考えてみたい議題^^;」


ってお話でした。




短め・・・って書いたのに…

いつも通りじゃん!!



てな突っ込みは
なしでお願いしますよ(笑)




本日のアメブロ記事…

 「過度な期待が子供の心を潰す」 責任は親だけじゃない。学校から母親への抑圧も責任の一端はある。




ふじたカウンセリングFacebook  良かったら遊びにいらしてくださいまし^^