自分を大事にすることを親は子供に罪悪感を持たせることなく伝えてほしい。

アメブロ過去記事11月21日投稿記事より…

「自分を大事にすることを親は子供に
罪悪感を持たせることなく伝えてほしい。」


正義感が強い若い人
ヒーローをやりつ続けてきた若い人へは

時には本人に抑圧を掛けてでも
自分の命を最優先にするように
手助けする必要があります

 

 

それがパターンからのものかどうか、
見極める必要がある。


「これで死ねるのなら本望だ。」


よくね、その道を究めてきた人は言う。

ただ、それがね

どこかからか入れられた知恵であれば別。


つまり、プロならこうあるべきだ。



っていうね
「たらねばならぬ精神」を
入れ知恵されたのであれば

それは

偽物である。


・・・ ッと言えないだろうか?



であれば
本心ではそう思っていないと言うことですよね?


何らかの大きな抑圧や重圧があって
そこに

「大きな期待に応えなばならぬ」

っていう

「たらねばならぬ」

を植えつけられているとすれば?


それはその人が心から楽しんで
行っているとは言えない。

これは、若い人に限らず
人は
義理人情などで

そうせざるを得ない状況

に 追い込まれることがある。


でも、それがね、命に係わることであれば
話は別ですよ。

抑圧を掛けてでも側近たちは止めるべきです。


と、ふじたは個人的に思うんです。


そういうパターンを持たされている人は
なかなかそのパターンを手放せません。

だから、持たせていても構わないんです。

ただ、命に係わることは違う。

そこは、周りの環境たちにも責任があります。


自分を大事にすると言うことは
その影響で周りの人も
大事にできると言うことです。


つまり、自分が無理することで
自分の周りの人まで無理しているあなたの姿を見て

だったら
自分を大事にしては居られない。
行かなきゃ!

ってなって

周りの人まで
無理させることになるんですよ。


だからね、自分を大事にできれば
他人も大事にすることに繋がると言うとるんです。


そりゃね、
無理している身近な人間を見て
自分にも無理させてしまうとしたら
勿論その人の問題です。

…とも言えなくもない。

でも、ね、 

その空気、

その重圧、

あるでしょ?


あーちゃんが熱あっても仕事に来てるのに
私まで頭痛するからって休んでいられない…


みたいなね・・・


そんで、

脳こうそくで あなたが死んでも
誰も責任取りませんよ。




そう言う意味です。




伝わったかなぁ~~~~



ってことで今日は

「自分を大事にすることを親は子供に
罪悪感を持たせることなく伝えてほしい。」

でした。

題名にもあるように、どうか
親は、自分を大事にすることに
罪悪感を持たせることなく
子供達に伝えてあげて欲しいです。

お願いします。

m(__)m

どうか、子供達を

守ってください…


子供達を守れるのは、
私等しかおりませんから…

 

 

 

 

 


 




ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^