2015年

2月

09日

「何が悪い?戦争で亡くなった人々の映像はバンバン見せておいて?これええ機会やないか!」親子間係

本日のアメブロ記事・・・

「「何が悪い?戦争で亡くなった人々の映像は
バンバン見せておいて?
これええ機会やないか!」親子間係」


ちょっと今日はいつも以上に内容が重いです・・・


先日、海外で,
ある日本人が犠牲となった方々の映像の一部始終を
小学校の教師が
「命の大切さを知らせるため」
(だったと思う…)
生徒たちに見せたとして
ヤフーニュースで掲載されているのを
FB友達を通じて ふじたは知りました。

ご存知の方もおられると思います。

ここで、軸を整えておくならば、このニュースの内容は

「小学生への配慮として…」

である。


ふじたの場合
勿論ここで「自分の傷が浮上する」わけです。

だから、ここに固有名詞は一切出さない。
出さなくても言ってるのと同じだけれど・・・

でも、自分も子供を亡くした時に
誰にも知られたくないと思った。
でも
「わずかな自分の小さな世界にいる人々」に
言わなければならず、
それは身を切られるように辛い事でしたので…


さて、自分のスマホでもそのニュースを知った
ある青年はこう言いました。

「っは?何が悪い?
ええやないか!
バンバン見せたらええねん!
これを機会に
「戦争の悲惨さを強く伝えるええ機会」やないか!
何がアカン?
俺らは小学校の時期 戦争の授業で
死体をバンバン見せられてきた!
妹はその授業が修学旅行前にほぼ毎日続いて
手を変え品を変えて毎日毎日見させられ
メンタルがおかしくなった。
おかしくなって学校に懇談の時に「その事実」を
親が知らせても、学校は無反応やったやないか!

今回のはダメで、
戦争の死体の映像はええ。

どう違うって~の?

同じ命や!
どれも皆同じ命やないか!

どう違うねん!!!

だから大人ってクソ!」




怒ってます。



ふじたは遺族への想いがあって、

「こんなんせんといて欲しい」

と、思ったんです。

でも、この青年は違う。

「それ軸が違うでしょう?
今回の件は ”小学生への配慮”て言う点でしょう?」


・・・ハイ、そうでした。(^^ゞ


「論点変えたらアカンねん。」



この青年とは・・・




ふじたのイケメン息子です・・・






大人ってどうしてすぐに
神様になりたがるんでしょう・・・

どうして、ジャッジをおろし、
お前が悪い
だから
お前にはこんな罰を与えよう!

ってやりたがるんでしょう・・・

でもね、よくよく考えてもみてください・・・


神様は
誰にも罰も与えなければ
罪も与えない。


人間が勝手に
罪を名付け
罰を与えてるだけです。




そしてそれを
私も知らずにやってたなって思いました(恥





今回ご紹介したい方のブログがあるんです。

この方のブログ、深いです。

ろぷのーるさんのブログ「今ここにいる」

この方はカウンセラーではないのですが
言っておられることは「カウンセラー以上です。」

私も学ばせていただいておりますm(__)m

お時間がある方
ちょこっとのぞいてみてくださいまし・・・

学校の先生なんですけどね・・・

ふじたの子供達も楽しみにしている


「ろぷのーるさんのブログです^^」



今日はこれくらいで・・・


命をテーマにした内容は重いからね。

今日は

「「何が悪い?
戦争で亡くなった人々の映像は
バンバン見せておいて?
これええ機会やないか!」親子間係」

でした。(^_^;)


まぁ、そうはいっても

どう思う
どう感じる
どう考える


どれも自由ですけどね・・・(^^ゞ






ふじたカウンセリングfacebook  良かったら遊びにいらしてくださいね^^