神様なんて居ない。神はいつだって自分の内におるねんで!ある若い人の話から…親子関係・教師と生徒

本日のアメブロ記事…

「神様なんて居ない。
神はいつだって自分の内におるねんで!
ある若い人の話から…親子関係・教師と生徒」


先日ふじたは70代のおじ様と
お話しする機会がありました。
定期的にこのおじ様とは
お会いする機会を頂いております。

(クライアントさんじゃないですよ^^)

この方とお話するなかで、
毎回、いい意味で
刺激を頂き、学びを頂いております。


このおじ様、熱心な宗教家ではありませんが
でも、ぶれない物を教えてくれます。

先日は、こんな話しをしてくださいました。

「神様っていうのはね、
外の世界には居ないんだよ。
神様は何処にいる思います?」

「???え~~~!
だって、私等はいつだって困った時
神社さんにお参り行ったり
お正月お参り行くやん!!」

「せやねぇ~^^」

「え~~???
じゃぁ、あの神社さんにある、あの御霊は???」

「神様は元々人間やから(笑)」

「へ???」

「神様は、自分の中におるんですよ^^」







はい、




だそうです…(笑)


これを聞いたとき、ある若い人を思い出しました。

その人は常にこんなことを言うてました。

「この世にはな、神様なんかおれへんわ!
神は自分のなかじゃ!!」

この人は一貫して変わらず
今でもこう言うてます(笑)

「神は自分の内!外には居ないの!!」


こう言い切るこの若い人は
周りの評価を気にしないし、
人生の分岐点に立った時、
自分がどうしたいかを
自分に聴ける人です。

そして、
自分が出した答えに対して
周りが何を言ってこようが
自分を熱く信頼し
周りの声に反応したりしない。

つまり、そこに
不安を感じたりしない。

例え、結果がどうあろうとも、
全て引き受ける覚悟を持っています。


勿論、最悪の事態になった時

「マジかよぉ~~
どないしよぉ~~~~(:_;)」

っとは なるようですけどね。

でも、立ち直りが早いです。


確実に

「自分を信じてるな・・・」


って思います。



これ、
とっても大事なことなんですよね…

若い人は気付きが早いし鋭いです。


ふじたには、まだできていないことも
彼らは難なく

(…ってことはないんですけどね…)

できてしまう。。。


そして、その姿に
ふじたも刺激を受けて元気をもらう(笑)


今回 おじ様が言っておられたことと重なったことで
再確認できました。

ブログを書き始めたころ

「自分を信じてね。」

なんて書いてたんですけど…


とても難しいことなんですよね。


でも、自分を守ることが出来るのは
他人ではなく、実は

自分ですよね。


怒りを感じた時
悲しみを感じた時
隠してたら周りはそれに気付くことはない。
恐らく。

いえ、気付いていても、
本人からの訴えがなければ
そのまま放置し
更にエスカレートさせる。

私は、
俺は、

こんなに今悲しいんだ、
怒ってるんだ!!

それを訴えなければ周りは
それについて考えることもしなければ
サポートすることもない。


自分をサポートしてくれるのは 自分であり
自分の最大の味方は 自分である。

どんなに素晴らしいサポーターが
自分についていようとも

その瞬間、その素晴らしいサポーターは
自分の傍にいるわけではないんですよね。

その瞬間
結局、誰を信頼するかって…

自分なんですよね。

自分が決めるんですよね。


あなたが感じている
いくら最高の親でも、
いくら最高の理解者である友人でも、

あなたの感情を全て理解できる人は居ない。


自分がどうしたいのかも
自分が何を欲しているのかも
自分が何を感じているのかも
全て知ってるのは

ホントは自分だけですよ。


だから、答えはいつも、自分の中に…


なんですね^^


それは、自分を信頼する所から
スタート・・・なのかもですね。


今日は

「神様なんて居ない。
神はいつだって自分の内におるねんで!
ある若い人の話から…親子関係・教師と生徒」

ってお話でした^^


そう言えば、いつだって自分に聞いてるよね。

でも、その時、邪魔な刷り込みがあると、
その刷り込みをベースに答えを出すように
強要されるから、
これをまず取っ払わないとね^^


最後になりましたが、今日真人さんが
こんな記事書いておられます。

繋がるものがあるとと思います^^

真人さんのブログ「表裏一体」

ストレートです^^

ふじたカウンセリングfacebook  
良かったら遊びにいらしてくださいね^^