2015年

4月

28日

親子・夫婦・人間関係のねじれは、時代の背景の差も大きく作用するよね…今日は独り言も混ぜて…

「親子・夫婦・人間関係のねじれは、
時代の背景の差も大きく作用するよね…
今日は独り言も混ぜて…」


本日のアメブロ記事⇧




今日は「独り言」と「いつものブログ」を
混ぜて書いてみようと思います。

カウンセリングしてて常に感じてきたこと
特に親子関係でお聞きすることが多いのですが
その部分でちょっと書いてみますね。

多分多くの方はご承知だとは思いますが…^^
お付き合いできる方宜しくお願いしますm(__)m


そりゃあ~ね、
あの当時の人達は大変だったでしょう…

うん。

想像を超えた苦労だったと思う。

だからこそ、あの当時のことを想うと
今のこの時代を生きてる人たちの姿を見て
色々ふつふつとね、
湧いてくる感情ってものがあるのでしょう。

うん。

当たり前だよ、それね。

あの当時、
どれだけの感情を抑え必死こいてコントロールし

いえいえ、
感情をそもそも、感じてる暇など
なかったんじゃないだろうか…


そんなことに感じている時間さえ勿体ない。

そんなことに想いを向けてる暇があったら、
とにかく動かなきゃ。

この瞬間を生き繋ぐことに目を向け続けなきゃ。

でないと
自分の命さえ

それだけじゃない
勿論家族も守れなかった。

恐いとか、
苦しいとか、
悲しいとか、
腹が立つとか、
辛いとか、
わめきたいとか

また

身体感覚で

震えたり、
体が熱くなったり、
冷たくなったり、
涙が出たり、
汗が出たり、

そんなものにかまけている暇なんてなかった。



でも、あの時代に比べて今の時代は
メンタルの健康も言われるようになって
「感じること」
を許されるようになってきた。

だから、そんな暇さえなかった あの時代の人達にね
今の時代を生きる人達のことを
「分かれ」
って言う方が酷かもしれない。



でもね、だったら、今この時代を生きてる人達にも
あの当時の人達の気持ちを
「分かれ」
と言うのも残酷なのよ。


時代が違うのね。

だから、
あの当時出来なかった思い残しや
心残りな想いをね
こちらに向けられても、困るんですよ。

その問題は起きてる問題じゃないからね。

あの時代を生きた人たちの問題と
今この時代を生きてる人達の問題とは
そのものが全く別だから。

それでもね
その問題を代々引き継いできた
あの時代の人達にとっては

「だったら、どうしてくれるこの問題!」

って話でもあるんでしょう。

だって、先祖代々のその問題、
誰かがどこかで

「私は引き継ぎません!」

って宣言しないと、
悪の連鎖は止まらんでしょう?




違いは こうです。




「私は気がついてしまった…」




ただそれだけの事なんです。

気がつかなければそのまま行くんですよ。

でも、気がついてしまったら
その時点で相手のステージと
自分のステージが変るんです。

気がついていない人にとって、
気付いてしまった人間をコントロールするのは
もう不可能ってもんです。


もう、そこですでに
一致感はないのですから…



もし、ここで

相手と自分の了解や
相手とコンタクトを

取りたいと思うのなら


全ての押しつけを止めて
相手の言い分を黙って聞くことです。

そして
自分自身も聞いてもらう場所を見つけることです。


一体そこで何が今まで起きていたのか。
一体そこで何を今迄やってきてしまったのか。
一体そこで・・・


そこと向き合うことです。



それが出来ないのなら
無理に相容れ合う必要はありません。



お互いがお互いを傷つけあうだけですから。



そこには、なんの「こうあるべき」もありません。

もしあるとしたら

相手側のみです。


それも、相手の問題であって、
こっちには関係ない事です。


そこで、また相手が「脅迫」でもしかけてきたとしても、
相手のゲームに乗る必要は全くありません。

自由じゃない人は
あなたの自由を奪うことに躍起になります。

幼い子供が癇癪を起こすようにね。

「それ、自分は持ってないねん!
自分が持ってないものを、
お前が持つことは許さん!!!」


って具合です。



そこ気がついていれば
そんなことしませんし言いませんから。


ね?
ステージが違うんです。


もう、これ以上は言わなくてもお分かりですよね。


「押し付け」は無意識にやってきます。

それが押しつけだと気がつかないから、厄介です。

理解できない人を理解させる必要はありません。



また、理解しながらも
頭だけで理解させてる人はもっと厄介です。

行動できてこそ、初めての理解です。

でも、その行動
理解した振りをしての行動であれば
いつか無理がたたって
今度は更にデカい怒りが噴火します。



か。


いつかバレます(笑)


「良い親」をする必要はなく

自分自身が「自由を謳歌」できていれば
それだけで十分です。

子供達も
「自由に生きていい。」
と思えるようになります。

「あきらめなくていい。」
と思えるようになります。

困った時
「助けて!」
と言えるようになります。

逆にヘルプ!と言われれば
「手を差し出せる」ようになります。


ようは、自分が自由かどうか。


です。


自由じゃないからこうなるんです。⇩


そりゃあ~ね、
あの当時の人達は大変だったでしょう…

うん。

想像を超えた苦労だったと思う。

だからこそ、あの当時のことを想うと
今のこの時代を生きてる人たちの姿を見て
色々ふつふつとね、
湧いてくる感情ってものがあるのでしょう。

うん





悪の連鎖はいつ止まる?

いえいえ、
誰がいつ止める?


あ、また最後毒吐いちゃました(^▽^;)



それでも、あの時代を生きた人たちも
必死こいて最善を尽くしてきたってことだけは

事実です。

他に選択種がなかった時代ですよ。

時代が違うんです。

その「差」が大きいのです…


そして

その「差」は

お互いの心を
両刃の剣のごとく
深く深く傷つけることに繋がってしまった…

本当はとても悲しい事なんです。

そして本質では
お互いこんな関係は
求めていなかったんです…

本当は、私たちは
愛し愛され
手と手を取り合い
繋がり合うために生まれてきた存在です。

その本質を取り戻せたら
色々見えていなかったものが見えてくる…



今日は

「親子・夫婦・人間関係のねじれは、
時代の背景の差も大きく作用するよね…
今日は独り言も混ぜて…」

でした!!


本質。
誰もが持っているものです。

感情を抑圧させず、解放し、
感情を解放することで
知性を回復させることができます。
知性が回復すると今度は癒しがおこり、
私たちは本質を取り戻すことが出来ます^^

そのサポートをするのが
私等みたいな人間です^^


そして、私等はいつだって
ご自身と向き合う、その勇気を

歓迎いたします^^


ふじたカウンセリングfacebook 
良かったら遊びにいらしてくださいね^^