2015年

6月

03日

人生を放棄している親を見て子供はこんなことを思っていたりします。親子関係から。

「人生を放棄している親を見て
子供はこんなことを思っていたりします。
親子関係から。」

⇧本日のアメブロ記事…



前々回のブログに引き続き…
もう一度「あきらめる」についてです。

「あきらめる」パターンはいつからついたのでしょう?親子関係から


同居しておられる方は大変です。

糞意地悪姑と糞意地悪舅
それに付随する子姑がいたらもう最悪!

そして、自分の大事な嫁さんが
(もはや 大事でも何でもないのか???)
自分の親からいびられていても見ないふりで
逃げ切る うだつの上がらん夫…

(ああ、言い過ぎです。
実際仲の良い嫁姑関係もありますからね^^
そして、うだつがあがらん夫は
好きでうだつがあがらんわけじゃないんですよ。)


なんてこった!パンナコッタ!
(あ、失礼!うちの子たちの口癖です(笑))

そして、その小さな小さな小国から
逃げることもできない
情けないご本人…

子供が…
仕事が…
夫が…
姑が…
舅が…
仕事が…


代表的な理由がこれですね。

そのせいにして、自分の人生放棄です。



(今日はいつになく超超辛口ですよぉ~~~)

いえね、
そのお気持ちも分からんでもないんですって!
かつての ふじたも そうでしたもん・・・

そんなことできるわけがない。
無理無理、そんなことしたらどうなると思って?
他の人には出来ても私には出来ないの!
私には許されなことなの!

と、勝手に出来ないと決めつけて
諦める。


まずもってですね、、、例えば


自分の親たちが、自分の(子供の)せいにして
「できない」とあきらめられている事実を
目の当りにしたら、どう思うんでしょう?



10代のしゃべり場の声をここで出しますね。



「うちの母親さぁ~私のせいにして
離婚踏みとどまったって言うんだよ。
頼んでねぇ~し!!」

「あ~~それ良く親って使うよね・・・
「私はあなたのために自己犠牲してまで
耐えぬいたのよ!感謝しなさい!!」
ってさぁ、私等に罪悪感擦り付けてくるの。
マジで切れそうになる。
親を ウザい!捨てたい!って思う瞬間だわ!」

あなたの為ってさぁ~
テメェのためだろが?って思うんだよね…
てめぇ~が自由になるのを
勝手に放棄してたんじゃん!
責任すり替えるの止めてほしいわ!」

「そうそう、自分が
怯えて
勇気がなかっただけじゃん!」





手厳しいですよぉ~~10代は。



でもね、この言葉の裏にある
彼ら彼女らの本当に言いたいことを
感じてみてくださいませんか?



裏のメッセージで彼ら彼女らは
何を親に訴えていますか?


それが、あの子たちの本質です。


本当は親をものすごく想っています。


本気で心配しています。



「さて、文句もそろそろつきたでしょ?^^
あなたたち、本当は親になんて言いたいの?」


こう ふじたが問いかけた時、
ものすごく長い 「間」 があって、
そしてその後
やっと出てきた言葉たちがあります。

仕舞には泣き出す子もいました。


でも、その言葉は
ここではあえて出しません。


感じてみてください。

あなたがです。


あなたが、感じてみてください。

恐らく、若い人たちは、子供たちは
深いところで想ってるんですよ。


親のことが大好きだからね本当は…



親が自分を大事にしないのに、
子供はどうやって自分を大事にするってことを
知るのですか?

今のままだと恐らく
親と同じような人生をなぞることになる。

(無意識がダウンロードするからね。)

では親はそれを心から望んでいるのですか?

親がやっていることは
被害者面して実際は加害者になっている。

ってことなんですよ。




脅迫ではありません。




親が子供に与える影響は多大すぎます。

勿論、親も精一杯です。

その環境下で精一杯です。



だったら、その精一杯を掛けるエネルギーを
別の所へ向けるだけで
今の生活とは比べられないほどの
充実した生活ができるとしたら?




昨日
「機能不全家族について」
分かりやすいブログを
あさださんが書いてくださっております。
参考までに^^

「機能不全家族の中で育つ子供の役割」

糞意地悪なじじババも考えてみれば
こういうことなんですね。


だからって「許しましょう」って話じゃない。

言わなくてもお分かりですよね?^^



あなたが
自分の人生のリーダーシップを取るも取らないも
あなたの自由であり
あなたの責任です。


ですが、子供たちは
まだ自立できないからこそ
そこで生き延びるために
居るしかないのです。

言いたいことを言う権利も
やりたいことを主張する権利も
対等であることを訴える権利も
あるにも関わらず。

その姿はかつての誰かに似ていませんかね?


今日は

「人生放棄している親を見て
子供はこんなこと思ってたりします。
親子関係から」

ってお話でした。



最後まで厳しいブログになり あいすいませんです💦




ふじたカウンセリングfacebook
良かったら遊びにいらしてくださいね^^