2016年

4月

08日

思う通りに反応しない子供へ 何故怒りが湧くのか?親子関係

「思う通りに反応しない子供へ何故怒りが湧くのか?親子関係」

 

↑本日のアメブロ記事

自分への自信がない人は我が子を支配しコントロールし
それでも思う通りの反応をしなかった場合、
怒り狂って子供をいじめて罵って、窮地へ追い込んで
それでも飽き足らず奴隷にし、
子供の行動に対して一生許さんと言わんばかりに
罪悪感を埋め込み子供を苦しめ続け

同時に、、、

親自身も苦しみ続けていることに
…気がついていません...

この後半が、本当に痛い部分ですね...

子供は親の人形ではありませんし、
子供は親のアンドロイドでもありませんし、
子供は親の装飾品でもありませんし、
子供は親の所有物でもありません。

子供は一人の人間として人権があり
子供は一人の人間として感情があり
子供は一人の人間として誰の見世物でもなく
子供は一人の人間として誰のモノでもありません。

だから私は時々

私は私
あなたなあなた

私は貴方の期待の応えるために
居るのではありません
あなたも私の期待に応えるために
あるのではありません。

って書くんです。


子供は大きくなれば自分の世界を持つようになります。

その世界を理解せずに壊そうとすることは
嫉妬以外の何者でもありませんよ?

自分がその生き方を選べなかった過去が
あるんですよね?

だから邪魔したくなるんですよね?


違いますかねぇ~~~

違うって言い切れます?


子供の独自の世界を否定し理解しようとしないのは

だったら なんなんでしょう?

ほかに何か理由言えますかね?


ようは、好きなことを自由にやってることが
気に食わないんでしょう...

その自由に対しての怒りと嫉妬と妬みと...


お~~~キモ!


どっちが子供で どっちが大人なのだろう...


自分ができなかったことを子供は出来ていることに
何故ともに喜んであげれないのだろう...




「ここまで育ててやったのに」・・・

ですか?


だったら、お聞きしたい。

何故子供を作り
何故産んだの?

子供を産めば育てなければいけないことは
百も承知のはずですが?

(すんません(^^ゞ今日はいつもに増して激辛かも💦)



何でもかんでも子供が悪いと言う前に、
己の行動を先に見直したほうがいい。




例えば、子供が成長し仕事をして自立した。


親と離れて暮らすようになった。




全く子供から連絡がない。




ここで、怒る親が居るとしたら
何に対して怒ってるんでしょう????


「繋がり」って言うものを常に確認が取れていないと
繋がってると思えないような繋がりは

「繋がりではない

ですよね...


一体子供からの連絡がないことで
何を恐れてるんでしょう???




これ、結構 子供側からしたら相当な負担ですよ?




例えば高校生になった子供。

部活が遅くまであって帰宅が遅いです。



親は子供にこう言います。


「部活が終わったらまず連絡。
その後学校を出たら連絡。
駅について電車に乗ったら連絡。
最寄り駅についたら連絡。
その後バスに乗ったら連絡。
最寄りのバス停についたら連絡」



これどうよ?(笑)



まぁ、これは極端な話ですけどね...


つまり、節目節目で連絡してこい!ってやつです。





子供が成長して大人の年齢になっても
親が子離れできていないケースが
多々あるんですよ。


それってね、
その家庭での環境がそうさせてるんですね。



子供は親離れしたいと思ってるんですが
親がそれを許さないんです。



だからいつまで経っても
離れて暮らしていても
親子の確認をしていないといられない。

時々テレビでやってるでしょう?

「親子の絆」

これがタイトルのやつですね。

これね、かなり話 盛ってますよ?

って思う私が居るのはひねくれものでしょうか?

いえいえ、そうでもないです。

ある姉妹の話でありました。

テレビ上は仲のいい姉妹をやってたんですが
テレビを離れると実は片方の妬みから
確執があって、、、という内容。

でも、テレビでは演出上隠して
綺麗な部分だけを放送しないとね...^^;

ってことですわ。


でも、その表面しか見えていない人たちは
それを見て、なおのこと理想のレベルを高くする...

世の中の親子・兄弟は
こんな仲睦まじい関係なんだと。

そこと比較して自分のところは...と

(逆にワイドショーが長年放送され続けるのは
他所の揉め事を見て安心している視聴者が
        多数いるからでしょう。)



たまには連絡してきて、
たまには遊びに来て、
たまには一緒に出掛けて...

いえいえ、子供の側から親側へ
しょっちゅう連絡してきて
甘えられるのは嬉しいんですね。

なぜ?

そこに親としての役割を子供に
果たさせてもらってるからね

だから、良い子を演じれる人は、
親の意を汲んで良い子供を演じれるんですね。


そうなってくると。。。親としては こうありたい。
⇓ ⇓ ⇓
「いつまでも親に甘えてどうしようもない奴だ。
早く親離れしないとね…」

なんて笑顔で夫婦で話す(笑笑


嘘です。

そんなこと本当はこれっぽっちも思っちゃいない。

そういう姿で居続けたいだけです。見かけ上ね。

だからこそ、自分から連絡はあまりしたくないんです。


この姿を演じれなくなるからね...┐(´д`)┌ヤレヤレ

そして、それでも、連絡したのに、居なかった場合、


怒るんです。


何故に???(笑)(笑)(笑)



自分から連絡してやったのに!!!


ってね。


親側にね、理想とする親子関係があるんですよ。

世間様で見かける仲の良い親子関係ですね。
(そもそも、その親が見ている世間って
真実かどうかも謎ですが...苦笑…)

これをやりたがるんです。

ここに盲点があります。


自分の理想とする親子関係


という枠です。


この描いている夢のような(笑)親子関係から
少しでも外れると...

「きぃ~~~~~~!!!!」

です(爆!!


親の夢を破った悪い子に たちまち早変わりです(笑)



さて、、、もう一度言いますよ。



子供は親の人形ではありませんし、
子供は親のアンドロイドでもありませんし、
子供は親の装飾品でもありませんし、
子供は親の所有物でもありませんし、

子供は一人の人間として人権があり
子供は一人の人間として感情があり
子供は一人の人間として誰の見世物でもなく
子供は一人の人間として誰のものでもありません。



私は私
あなたなあなた

私は貴方の期待の応えるために
居るのではありません
あなたも私の期待に応えるために
あるのではありません。




このね、
親の期待に上手にある程度応えることが出来る子供は
兄弟の中でもダントツで優遇されます(笑)

特待生です(笑)


そして、その期待にはさらさら応えるつもりはなく、
「自由」に生きる子供は
完全にその家庭からはアウェイです。(笑)



でも考えてみて?


親の期待に上手に応え続けている子供は、
そのアウェイな兄弟を内心羨ましいし妬んでいます。

だから、苦しい...



親の愛情を自分だけ独り占めしているようで
実は...期待に応え続けなければいけないという
不自由さを抱え、その期待に応えられなかった時

見事に愛情を失うんです。


期待に応えられなかった時に失うような愛は
本当の愛なんだろうか...

っま…
本当の愛を知らない者同士ですから
それはそれでいいんでしょうけど…苦笑…

ただ…親も子も愛を勘違いしたまま
死ぬことになりますが...^^;


そこに ないものはないのです

あるものだけが あるんです


残酷なようですが、これが事実です。


さて、、、


これね、最近しっくり来たんですけどね。

私の尊敬する先生が言うてた言葉。


「私たちは、体験するため、経験するために
生まれてきたんです。
幸せになるためじゃないですよ?」


せやろぉ~~~

だから、世の中不公平なことが
あっちでもこっちでも起きてるんやろぉ~~~



っま、この辺の話は又の機会に。。。


話がそれちゃうので^^;



無いものをあると思いたくてあがくことは
無意味で、エネルギーの無駄遣いです。


そして、それを誰かに身代わりで求めることは
相手に対して失礼です。


誰かに求めなくても、自分が居ます。


自分が最高の世界でたった一人の貴方の見方です。


そしてね、そんな貴方になれたなら、
ちょっと周りを見渡してみてください。

他にも居ることに気が付きます。



無駄なエネルギーの消費はさっさとやめて
自分を大事にしてやってください。

自力で無理なら、プロに頼みましょう。

どうやったら、自分に「ありがとう」が言えるのか...



ああ、最後になりましたが、ゆうじさんが
こんなブログを書いておられました。

リンクするので貼り付けますね^^

「アダルトチルドレン!ありがとうが言えない。なぜかスミマセンとゴメンナサイ!なんでなの~?」

そもそも、親が子供に「ありがとう」を言え!

と言う前にですね、、、


親が子供に自ら「ありがとう」を
言わなアカンでしょう?


勝手に生まれてきたんじゃないですよ?

二人で作ったんです。

「生まれてきてくれてありがとう」

でしょ?


それが言えない親が子供に
「ここまで育ててやったのに!!」
と言うのはどうなの?


だったら、なんで作ったの?

そりゃね、言うに言えない事情のある方も
なかには おありでしょう。

でも、だからって、子供には無関係です。


そうは言ってもね...


産んでくれた貴方も、生まれてきてくれた貴方も

今日までこの人生を乗り越えて
生き延びてきた自分へ

「ありがとう」

言うてやってください。

それが言えない方、出来ない方。


繰り返しますが


プロのところへ行きましょう!!!





お後が厳しいようで...

あい すいません。。。


あ、ゆうじさんはこんなに厳しくないですよ(笑)


今日は

「思う通りに反応しない子供へ
何故怒りが湧くのか?親子関係」


でした!


自分が不自由だと、、、

自由に生き
自由に振る舞える人を見ると
妬ましくて怒りがわくもんです。

それ、当たり前の感情なんですよ?

まずは、自分の感情の解放からです^^


カウンセリングを受けてみたいという方

その勇気

歓迎します^^


 

ふじたカウンセリングfacebook 良かったら遊びにいらしてくださいね^^