2016年

5月

21日

引きこもり何年であろうが 親との関係の悩みが何年であろうが 関係ない。夫婦・親子関係

「引きこもり何年であろうが 親との関係の悩みが何年であろうが

関係ない。夫婦・親子関係」

☝本日のアメブロ記事…

 

先日ふじたカウンセリングを卒業されたクライアント様より

嬉しいメールをいただきました^^

 

※ご本人様の許可を得ております。

 

 

侑杏恵さん、今までありがとうがざいました。

ほんとは、ずっとお話したかったですが、

 

この辺で、自立してやって行こう、

 

と、いう気持ちが出てきました(^^)。

カウンセリング受け始めた時は、

母や父と自分を分けて考えられず、

すごく苦しかった…。


心の奥に、誰にも言えないドロドロとした怒りがあり、

そのせいで、どうしようもない孤独感に

さいなまれていました。

私の気持ちに寄り添ってくださり、共感してくださり、

時には、叱咤激励してくださり、

 

サポート、って、こうゆうことなんだ、と、

 

実感できました。

私もこれから、我が子、夫の、サポートを

自分なりに、やっていきたいと思っています(^^)!

まだまだ、問題山積だし、もしかしたら、また、

お願いすることあるかもしれないですが、

今は、なぜか、明るい気持ちです✨✨。

先生ありがとう
‼️

 

Nさん、こちらこそ、沢山のカウンセリングルームがある中で

「ふじたカウンセリング」を選んでいただき

ありがとうございました(#^.^#)

 

Nさんは約一年でしょうか?

 

前半は月一回

後半は二か月に一回のペースで通われました。

 

来られた当初は腹の中に沢山の「怒り」を

ため込んでおられて…(^^ゞ

 

「だったら、もう、私にどうせぇ~いうんですか?」

「ほんなったら、

私がこうしたら良かったって言うんですか?」

 

と。。。怒っておられました^^

 

怒りをまだ出せるだけマシ^^

 

 

そしてカウンセリングを重ねることで

先日めでたく ご自身で決断し

 

「先生、もう今日が最後かなと思って…^^」

 

と来られました^^

 

 

まだまだ子育ても夫婦でいることも先は長いのですが、

 

「もう自分で行けそうです。^^」

 

という意味の言葉をおっしゃられたときの

晴れ晴れとしたお顔…

 

本当に嬉しく思います。(#^.^#)

 

クライアントさんがご自身で

 

カウンセリングを終えると決断する時、

 

振り返ってみると初回の時の表情と

最後の時の表情の違いに

 

人の力の素晴らしさに勇気をいただきます。

 

 

そして嬉しい言葉を残していってくださいます。

 

 

 

印象に残った男性のクライアント様のお話があります。

 

その方は30代。

 

ここ ふじたカウンセリングルームを去って行かれるとき、

こんな言葉を残してくださいました。

 

ふじた

「ブログで書かせていただいても大丈夫ですか?」

 

男性クライアントさん

「いいっすよ!!家族構成も出してもらってもいいっすよ!!

なんなら僕のこと小説に書いてもらってもいいっすよ^

 

ふじた

「(笑) え~ホンマに~?」

 

男性クライアントさん

「・・・今度ここに来るときは、、、

自分で稼いだバイクか車で、、、

ああ、嫁さん連れて来れたらいいですね!!」

 

 

このクライアントさんの言葉も本当に嬉しい言葉でした。

 

この男性クライアントさんは、あることが切っ掛けで

10年近く引きこもっておられました。

 

夜眠れなくて ふじたのところに来るときは

確実に安全に来られるように「午後」からでした。

 

万が一カウンセリングの前日の夜

一睡も眠れなかったとしても

午後からなら起きれるだろうと。

 

 

セッションを重ねていくうちに波こそあったのですが

それも最初だけで、後半は二か月に一回のペースで

目標設定を自分でされ、そこへ向けて

職につくために積極的に行動されていき

役所の手続きも自分でされて仕事を決められました。

 

それも決して自分に無理のないところで

決められた様子でした。

 

 

いつも思うのは私はクライアントさんから

沢山の学びと勇気をいただいてるなと思うのです。

 

ほんとにありがとうございますm(_ _ )m

 

 

今後も精進して参ります!!

 

今日は

「引きこもり何年であろうが

親との関係の悩みが何年であろうが

    関係ない。夫婦・親子関係」

 

 

 

最終的にはどんな悩みであっても大抵は

幼少期のところへたどり着く。

 

そこに

どんな大人との関わりや

どんな兄弟との関わりや

どんな友人との関わりが

 

あったとしても、最終的にその道を

好き好んでであろうが なかろうが

選んできたのは自分なんですよね...

 

そこが痛いのです。

 

とっても痛い。

 

だって自分は被害者なんだからね、、、

 

そして同時に

 

加害者なんですよ。

 

 

ここが更に痛いのね。

 

 

でも、被害者か加害者かどっちが先か?

って話になるとね、、、

 

その論争事態が更に痛い。

 

 

 

そこへ費やすエネルギーを

自分の人生にリーダーシップを取る方向へ使うエネルギーに

出来るといいですね^^

 

だって、

 

私も貴方も

 

自分の人生の舞台では 私が主役なのですから^^

 

ふじたカウンセリングfacebook  

良かったら遊びにいらしてくださいね^^